「小森健太朗」の版間の差分

編集の要約なし
{{文学}}
'''小森健太朗'''(こもり けんたろう、[[1965年]] - )は、[[大阪府]]生まれの[[推理作家]]、[[評論家]]、[[翻訳家]]。[[近畿大学]]文芸学部専任講師。[[大阪府立北野高等学校]]<ref>{{Twitter status|komorikentarou|369874998560714752|Twitter - 2013年8月21日の発言}}</ref>、[[東京大学]]文学部哲学科出身
 
1982年、『ローウェル城の密室』が史上最年少の16歳で第28回[[江戸川乱歩賞]]の最終候補作となり話題を集める。
 
1986年よりコミケットに参加。幻想・推理文学サークル「それぞれの季節」を主宰する。
 
1989年、[[東京大学]]文学部哲学科を卒業。
 
1994年、「コミケ殺人事件」で本格的にミステリ作家としてデビュー。
 
2010年、「英文学の地下水脈 古典ミステリ研究~黒岩涙香翻案原典からクイーンまで」で第63回[[日本推理作家協会賞]]評論その他の部門受賞。
 
== 来歴 ==
*[[1982年]]、『ローウェル城の密室』が史上最年少の16歳で第28回[[江戸川乱歩賞]]の最終候補作となり話題を集める。
*[[1986年]]より[[コミックマーケット|コミケット]]に参加。幻想・推理文学サークル「それぞれの季節」を主宰する。
*[[1989年]]、[[東京大学]]文学部哲学科を卒業。
*[[1994年]]、「コミケ殺人事件」で本格的にミステリ作家としてデビュー。
*[[2010年]]、「英文学の地下水脈 古典ミステリ研究~黒岩涙香翻案原典からクイーンまで」で第63回[[日本推理作家協会賞]]評論その他の部門受賞。
 
== 作品リスト ==
* Gの残影(2003年3月 文藝春秋/「グルジェフの残影」に改題 2006年7月 文春文庫)
* 魔夢十夜(2006年5月 原書房)
* ネメシスの虐笑S(2011S(2011年8月 講談社box)box)
 
=== 短編集 ===
=== 共著・アンソロジー作品 ===
* 新世紀「謎(ミステリー)」倶楽部(「インド・ボンベイ殺人ツアー」収録、1998年8月 角川書店 / 2001年8月 角川文庫)
* 本格ミステリーを語ろう!―海外篇(1999(1999年3月 原書房)
* 贋作館事件(「黒石館の殺人」収録、1999年8月 原書房)
* ルナティック・ドリーム―コミケ殺人事件外伝(2000(2000年10月 原書房 早真さとるによるコミック)
* 本格一筋六十年 想い出の鮎川哲也(2002(2002年12月 東京創元社)
 
=== 翻訳 ===
*ミルダッドの書 燈台にして港 ミハイル・ナイーミ 壮神社(1992 1992年12月)
*漂泊者 カリール・ジブラン 長井香里共訳 壮神社(1993年5月)
*スパイダー・ワールド 賢者の塔 [[コリン・ウィルソン]] 講談社ノベルス(2001 2001年)
*スパイダー・ワールド 神秘のデルタ[[コリン・ウィルソン]] 講談社ノベルス(20022002年)
*ファイロ・ヴァンスの犯罪事件簿 S(S・S・ヴァン・ダイン 論創社 [[論創海外ミステリ]](20072007年9月)
*人の子イエス(2011(2011年5月 みすず書房)
 
=== 評論 ===
* 探偵小説の論理学―バートランド・ラッセル論理学とエラリー・クイーン、笠井潔、西尾維新の探偵小説(2007年9月 南雲堂)
* 英文学の地下水脈―古典ミステリ研究~黒岩涙香 翻案原典からクイ-ンまで(2009年2月 東京創元社)
* サブカルチャー戦争―「セカイ系」から「世界内戦」へ(限界小説研究会 名義 「Wから0000―9―91111を挟んで変貌した“ガンダム”シリーズの戦争描写」収録、2010年12月 南雲堂)
* 探偵小説の様相論理学(2012(2012年5月 南雲堂)
* 神、さもなくば残念。――2000―2000年代アニメ思想批評(2013年4月  作品社)
 
== 脚注 ==
{{脚注ヘルプ}}
{{Reflist}}
 
== 外部リンク ==
*{{Twitter|komorikentarou}}
 
{{DEFAULTSORT:こもり けんたろう}}
[[Category:1965年生]]
[[Category:存命人物]]
[[Category:日本の推理作家]]
[[Category:日本の小説家]]
[[Category:本格ミステリ大賞受賞者]]
[[Category:近畿大学の教員]]
[[Category:1965年生]]
[[Category:存命人物]]
{{writer-stub}}
845

回編集