「天仁」の版間の差分

日本語
(日本語)
『[[文選 (書物)|文選]]』の「統天、仁風遐揚」から。
 
== 天仁年間におきた出来事 ==
*天仁元年(1108年)、[[浅間山]]が大噴火し、[[上野国]]([[群馬県]])のほぼ全域が大量の火山灰で覆われる<ref>北原糸子編著『日本災害史』吉川弘文館 2006
年 61ページ</ref>。
<!--「〜におきた出来事」では語義が重複します。正しくは「〜の出来事」または「〜におきた事件」です。「今日の出来事」「今日起きた事件」とは言いますが「今日起きた出来事」とはまず言わないのと同じ。-->
 
== 西暦との対照表 ==