「パスワード (コンピュータゲーム)」の版間の差分

== ゲーム継続以外の目的を持つパスワード ==
以前は通信機能、メモリーカード等の外部記録媒体の使用が難しかったため、ソフトにバッテリーバックアップ機能が内蔵されているものであっても、ユーザー間でデータのやりとりをするためにパスワードが使用されることがあった。
 
最初にゲーム継続以外の目的でパスワードを使用したのは、パスワードの発明者でもある[[T&E SOFT]]が1986年から1988年にかけて発売した『[[DAIVA]](ディーヴァ)』シリーズである。『DAIVA(ディーヴァ)』では、7つの異なるストーリーが6つの[[パーソナルコンピュータ]]と[[ファミリーコンピュータ]]で発売され、各々のストーリーが相互に関連性を持つため、例えば、1つの機種をクリアした時に手に入るパスワードを他の機種へ入力すると今まで使っていた艦隊を援軍として送り込むことが出来る。
 
現在でも、『[[実況パワフルプロ野球]]』シリーズなどでは携帯機から据え置き機へのデータ移行がパスワードで行われる。
 
匿名利用者