「哲学の慰め」の版間の差分

編集の要約なし
[[Image:Consolation of philosophy 1385 boethius images.jpg|thumb|250px|1385年のイタリアの写本の挿絵。ボエティウスの教える姿と(上)、投獄された姿(下)、が描かれている。]]
『'''哲学の慰め'''』(({{lang-la|De consolatione philosophiae)}})とは古代ローマの哲学者[[ボエティウス]]により書かれた哲学書である。
 
==概要==
本書は5部構成でまとめられており、その文章は基本的に[[対話形式]]で記されている。またその対話の合い間で詩文が挟まれていることも文体の特徴である。ボエティウスはプラトンに代表されるギリシア哲学の影響を示しながら、この著作で特に[[倫理]]に関するいくつかの主題を扱っている。特に[[理性]]によって情念を乗り越え、[[美徳]]または[[善]]の概念に示される真の人間のあり方を追求する問題が取り上げられている。同時に[[キリスト教]]的な[[神]]の概念とも整合できる[[神学]]が展開されている。つまり、神の万能性を踏まえながらも、人間の意志とは[[必然]]によって拘束されたものではなく、自由でありうるという彼の主張に見られる。神の存在と人間の[[自由意志]]の関係を調和させようとしている。
 
ボエティウスのこの著作は中世以後にさまざまな類書をもたらし、[[ダンテ・アリギエーリ|ダンテ]]や[[ジョヴァンニ・ボッカッチョ|ボッカチオ]]にも影響を与え、[[活版印刷]]が導入されてからは各国語に翻訳されていった。[[1473年]]に不完全ではあったもののニュルンベルクからまず出版され、[[1941年]]から翌年にかけて出版された『ボエティウス著作集』に収録される。しかし初めて学術研究に利用可能な完全版が出版されたのは[[1871年]]になってからである。
 
== 哲学の慰め ==
{{cquote|[[プラトン]]や[[マルクス・トゥッリウス・キケロ|トゥッリウス]]を読む合間に読むにはふさわしくない大著 -- <small>[[エドワード・ギボン]]</small><ref>[[エドワード・ギボン]]の『[[ローマ帝国衰亡史]]』</ref>}}
 
『哲学の慰め』は[[東ゴート王国]][[テオドリック王]]治下で[[反逆罪]]に問われ収監されていたボエティウスが判決を―そして最終的には恐ろしい処刑を―待っている間に書いた。ボエティウスは非常に高い地位に就いていたが、反逆罪により罷免された。このことがきっかけとなって本書は生まれている。神によって統治された世界にどうして悪が存在できるのか({{仮リンク|神義論|en|theodicy}}の問題)、あるいは神や幸福の本性を考慮するとどうして気まぐれな運命の中で幸福が得られるのか、といった問題が本書で扱われているのはそうした事情を反映している。
[[Image:Consolation of philosophy 1385 boethius images.jpg|thumb|200px|『哲学の慰め』1385年イタリアの写本より:講義を行うボエティウスと収監されたボエティウス]]
 
本書の哲学的な主張は中世の宗教的に敬虔な慣習によく馴染んだ。読者は世界の金や権力といった物を追い求めないで内的な徳を追い求めるように掻き立てられた。悪には善に転じると助けを提供するいう目的があるが、悪に苛まれることは有徳なことだとされた。神は、神への愛や祈りによって宇宙を統治しており、愛が真の幸福へと導いてくれる{{cn|date=November 2011}}。中世には、運命論を却下するという生き生きした感覚をもって、ボエティウスの内にキリスト教の聖霊に酷似した生の解釈が見いだされた。『哲学の慰め』は[[ルキウス・アンナエウス・セネカ|小セネカ]]の異教の哲学と『哲学の慰め』より後の時代の[[トマス・アクィナス]]の[[キリスト教哲学]]との間で、決定論的な特徴とキリスト教の謙遜という教義から成り立っていた。<ref name=Cambridge>''[[The Cambridge History of English and American Literature]]'', [http://www.bartleby.com/211/0605.html Volume I Ch.6.5: ''De Consolatione Philosophiae''], 1907–1921.</ref>。
 
本書はプラトンとその対話篇から大きな影響を受けている<ref name=Cambridge/>。
* [[中世のアレゴリー]]
* [[ストア派]]
* [[運命の輪]]
* [[慰め]]
 
匿名利用者