「上条町 (春日井市)」の版間の差分

編集の要約なし
人が居住する以前は、広い河床を川が流れていたと推測されている。標高最高地点は北部の約20.8メートル、最低地点は南端の10丁目付近の標高16.4メートルと、南へ緩やかに傾斜している。
== 地理 ==
*北部を[[中央通 (春日井市)|中央通]]・[[割塚町]]・[[乙輪町]]、北東部を熊野町・[[小木田町]]・[[桜佐町]]、北西部を[[八事町]]・[[弥生町 (春日井市)|弥生町]]、西部を[[王子町 (春日井市)|王子町]]、東部を[[名古屋市]][[守山区]]、南部を[[下津町 (春日井市)|下津町]]、南西部を[[下条町 (春日井市)|下条町]]と隣接している。
*[[庄内川]]対岸に一部だが上条町5、7丁目に属している地域がある。そこへ行くには名古屋市守山区を経由するルートしかないため、事実上の[[飛び地]]となっている。
*町内に[[春日井駅 (JR東海)|春日井駅]]があるため、マンションが多く顕在する。
* [[上条用水 (東春日井郡)|上条用水]] : 町の全域に流れている。
 
昭和40年頃まで上条町内には2つの池が存在したが、現在は埋め立てられ宅地化されている。この池は庄内川が氾濫した際に出来たと言われている。池底まではとても非常に深く、盛んに水が湧き出ていた。この水は庄内川、内津川の伏流水によるものと言われている。
 
== 歴史 ==
=== 昭和時代 ===
* [[昭和]]2年([[1927年]])[[12月16日]] : 村内に中央本線'''鳥居松駅'''(現在の春日井駅)が開業。
* [[昭和]]18年([[1943年]]) : 鳥居松村ほか4町村の合併により春日井市が発足した
 
=== 現代 ===
* [[平成]]19年([[2008年]])[[9月1日]] : 春日井駅北口前に防犯ステーションが開設された
 
=== 地名の由来 ===
匿名利用者