「662 BPM BY DG」の版間の差分

編集の要約なし
'''662 BPM BY DG'''(ろくろくに・ビーピーエム・バイ・ディージー)は、[[日本]]の[[テクノ]][[音楽ユニット|ユニット]]である[[電気グルーヴ]]の[[インディーズ|インディーズ・レーベル]]よりリリースされた1枚目のアルバム。
 
== 解説背景 ==
[[1990年]][[6月28日]]に[[SSE COMMUNICATIONS|SSE]]よりリリースされた。
当時インディーズにて活動していた電気グルーヴに対して、[[ソニー・ミュージックエンタテインメント (日本)|ソニー・レコード]]からメジャー・デビューのオファーがあった際に、同グループの中心人物であった石野卓球の「どうしてもインディーズでアルバムを出しておきたい」という思いから本アルバムは制作された。無許可で多数の[[テレビ番組]]や[[有名人]]の音声を[[サンプリング]]して使用(サンプリングの元ネタはジャケットに記載)、さらに差別的な表現を含む歌詞を多用している(後に契約することとなるソニーの歌詞検閲では、この頃の歌詞はほとんどNGとなり、改詞してリリースしている。しかし、ライヴにおいては原曲の歌詞、もしくは原曲とも異なる歌詞で歌っていた)
 
タイトルの「662BPM」とは、収録されている楽曲のそれぞれの[[テンポ|BPM]]を単純に総て足した数値から来ていると一般的には言われている。ただし、ライナーノーツに記載の各曲の[[テンポ|BPM]]を足し合わせると合計622BPMとなり、[[テンポ|BPM]]の記載がない6曲目の「LEE」が40BPMでなければならない。また、[[テンポ|BPM]]が記載されている図表では、12曲目の120BPMを後から足してTOTAL662+120との記載になっている。このことについて[[石野卓球]]は「全部の曲を足したBPMをタイトルにしたんだけど、計算を間違っていた」と語っている<ref>『[[レオナルド犬プリオ]]』オーディオコメンタリーより</ref>
 
後に至るまで演奏されている「電気ビリビリ」「WE ARE」「N.O.」の原曲を収録。7曲目から11曲目は1分ずつの無音トラックとなっている。また、6曲目の「LEE」は映画『ドラゴンへの道』からサンプリングした、[[中国]]の[[俳優]]である[[ブルース・リー]]の音声が入っているだけである。因みにこの音声は、1995年の石野の1枚目のソロ・アルバム『DOVE LOVES DUB』の一曲目でも使用されている。
== 解説 ==
 
当時インディーズにて活動していた電気グルーヴに対して、[[ソニー・ミュージックエンタテインメント (日本)|ソニー・レコード]]からメジャー・デビューのオファーがあった際に、同グループの中心人物であった石野卓球の「どうしてもインディーズでアルバムを出しておきたい」という思いから本アルバムは制作された。無許可で多数の[[テレビ番組]]や[[有名人]]の音声を[[サンプリング]]して使用(サンプリングの元ネタはジャケットに記載)、さらに差別的な表現を含む歌詞を多用している(後に契約することとなるソニーの歌詞検閲では、この頃の歌詞はほとんどNGとなり、改詞してリリースしている。しかし、ライヴにおいては原曲の歌詞、もしくは原曲とも異なる歌詞で歌っていた)。
== 録音 ==
無許可で多数の[[テレビ番組]]や[[有名人]]の音声を[[サンプリング]]して使用(サンプリングの元ネタはジャケットに記載)、さらに差別的な表現を含む歌詞を多用している(後に契約することとなるソニーの歌詞検閲では、この頃の歌詞はほとんどNGとなり、改詞してリリースしている。しかし、ライヴにおいては原曲の歌詞、もしくは原曲とも異なる歌詞で歌っていた)。
*改詞の一例:「とっとと帰って[[スカトロジー|糞でも食べて]] [[ネクロフィリア|犬の死体]]で[[オナニー]]しろよ」→「とっとと帰ってメシでも食べて ママの[[下着]]で[[サタデー・ナイト・フィーバー|フィーバー]]しろよ」(電気ビリビリ)
:「邪魔な奴らは[[ひき逃げ|跳ね飛ばせ]] 特に[[デス・レース2000年|ババアやジジイは高得点]]」→「邪魔な奴らはブッ飛ばせ 特に[[ゲゲゲの鬼太郎の登場キャラクター |砂かけババア]]は高得点」(電気ビリビリ)
:「[[イラマチオ|強制フェラチオ]] [[泉重千代]] [[ギネスブック]]で長寿世界一」→「ネオンにおやじ 野獣におやじ 三つ子の魂百までおやじ」(ウィアー/WE ARE  2コーラス目以降は全て書き直されている)
:「[[気違い|キチガイ]]」を曲全編に渡って連呼(映画『[[その男、凶暴につき]]』の1シーンからのサンプリング)する「D・E・P」は楽曲そのものがお蔵入りになっている。
ちなみに、リリース元のレーベルであるSSEの前身は[[トランス・レコード]]であり、[[人生 (バンド)|人生]](電気グルーヴ以前に石野と[[ピエール瀧]]が在籍していたバンド)時代に[[ナゴム]]と[[キャプテン・レコード]]からリリースしていた同グループは、当時「インディーズ三大レーベル」と言われていた全てのレーベルからリリースしたことになる。
 
== リリース履歴 ==
後に至るまで演奏されている「電気ビリビリ」「WE ARE」「N.O.」の原曲を収録。7曲目から11曲目は1分ずつの無音トラックとなっている。また、6曲目の「LEE」は映画『ドラゴンへの道』からサンプリングした、[[中国]]の[[俳優]]である[[ブルース・リー]]の音声が入っているだけである。因みにこの音声は、1995年の石野の1枚目のソロ・アルバム『DOVE LOVES DUB』の一曲目でも使用されている。
[[1990年]][[6月28日]]に[[SSE COMMUNICATIONS|SSE]]よりリリースされた。
 
ちなみに、リリース元のレーベルであるSSEの前身は[[トランス・レコード]]であり、[[人生 (バンド)|人生]](電気グルーヴ以前に石野と[[ピエール瀧]]が在籍していたバンド)時代に[[ナゴム]]と[[キャプテン・レコード]]からリリースしていた同グループは、当時「インディーズ三大レーベル」と言われていた全てのレーベルからリリースしたことになる。
== リリース履歴 ==
{|class="wikitable" style="white-space:nowrap; font-size:smaller"
|-
! No.
! 日付
! [[レコードレーベル|レーベル]]
! 規格
! [[規格品番]]
! 最高順位
! 備考
|-
| style="text-align:right" | 1
| [[1990年]][[6月28日]]
| [[SSE COMMUNICATIONS|SSE]]
| [[コンパクトディスク|CD]]
| SSE 4001
| -
| 帯が黄色
|-
| style="text-align:right" | 2
| [[1993年]]
| SSE
| CD
| SSE 4001
| -
| 復刻版、帯が緑色
|}
 
== 収録曲 ==
#'''D・E・P'''
 
== 参加ミュースタッフ・クレシャンット ==
=== 参加ミュージシャン ===
*'''石野卓球''' - [[司会者|MC]]、[[サンプラー]]
*'''ピエール瀧''' - [[司会者|MC]]、[[サンプラー]]、瀧
*'''若王子耳夫''' - [[ストリングス]]、[[ギター]]
*'''高橋嵐''' - システム
=== スタッフ ===
*'''石野卓球''' - エキップメント、[[ミュージックシーケンサー|プログラム]]、[[音楽プロデューサー|プロデューサー]]
*'''カワモトコウジ''' - [[レコーディング・エンジニア]]、ミックス・エンジニア
*'''イチノヘヒロアキ''' - アシスタント・エンジニア
*'''電気グルーヴ''' - ミックス・エンジニア
*'''ニシダユリ''' - カバー・ドローイング
*'''イナガキキヨシ''' - DGロゴデザイン
*'''コマツヨウスケ''' - 写真撮影
*'''キタムラマサシ''' - アート・ディレクション、[[エグゼクティブ・プロデューサー]]
 
== リリース履歴 ==
{|class="wikitable" style="white-space:nowrap; font-size:smaller"
|-
! No.
! 日付
! [[レコードレーベル|レーベル]]
! 規格
! [[規格品番]]
! 最高順位
! 備考
|-
| style="text-align:right" | 1
| [[1990年]][[6月28日]]
| [[SSE COMMUNICATIONS|SSE]]
| [[コンパクトディスク|CD]]
| SSE 4001
| -
| 帯が黄色
|-
| style="text-align:right" | 2
| [[1993年]]
| SSE
| CD
| SSE 4001
| -
| 復刻版、帯が緑色
|}
 
== 脚注 ==