「第一次ミトリダテス戦争」の版間の差分

編集の要約なし
m (ボット: 言語間リンク 17 件をウィキデータ上の d:q1647768 に転記)
[[紀元前87年]]にミトリダテス6世は[[アルケラオス (軍人)|アルケラオス]]に一軍を与えてギリシャに送った。これに呼応して、[[アテナイ]]、ラケダイモン([[スパルタ]])、さらに[[ボイオティア]]の大半がミトリダテス6世の味方についた。さらにメトロファネスに率いられたポントス軍の別働隊が[[エウボイア]]を攻略した。マケドニアはローマ側につき、ブルッティウス指揮下の軍を南下させた。ブルッティウスはメトロファネスの脅威を退け、ボイオティアのカイロネイアでアルケラオス軍と対陣した。ブルッティウスは兵力の劣勢を悟って退いた。
 
ここでローマ軍がギリシャに上陸した。ローマ軍を率いたのは、アシア総督に任命された[[ルキウス・コルネリウス・スッラ]]であった。スッラは5個軍団と若干の大隊をもってギリシャに渡った。スッラの出現で[[テーバイ]]などボイオティアの大半はローマに寝返った。アルケラオスはアテナイの外港[[ピレウス]]に立て篭った。[[{{仮リンク|アテネ・ピレウス包囲い]] (紀元前87年 - 紀元前86年)|en|Siege of Athens and Piraeus (87–86 BC)|label=ピレウス包囲戦}}では、双方の技術と武勇を駆使した激しい攻防が展開された。ローマ軍がピラエウスの城壁を突破すると、アルケラオスは内城に引き下がり、次いで海から撤退した。
 
これより前、スッラとの対戦中にミトリダテス6世の息子アルカティアスが[[マケドニア属州|マケドニア]]に侵攻して全土を制圧していた。アルカティアスはそこから南下する途中で病死した。アルケラオスはボイオティアに回りこんでこの軍をあわせ、ローマ軍を上回る兵力を得た。しかし[[紀元前86年]]に、スッラは山間の[[{{仮リンク|カイロネイアの戦い (紀元前86年)|en|Battle of Chaeronea (86 BC)|label=カイロネイアの戦い]]}}で身動きのとれない大軍を撃滅した。アルケラオスは敗兵をまとめていったんエウボイアのカルキスに退いた。すぐにギリシャ本土に再上陸したが、[[紀元前85年]]に[[オルコメノスの戦い]]で再び敗れて[[コルキス]]に撤退した。
 
== ダルダノスの和約 ==
匿名利用者