「あまちゃんの登場人物」の版間の差分

→‎アキの家族: 一部放送週追加
(→‎アキの家族:  ヒロシに関して、33話及び34話に関する注記を追記)
(→‎アキの家族: 一部放送週追加)
; 天野夏(あまの なつ)
:演 - [[宮本信子]](若き日の夏:[[徳永えり]]) ※故郷編(第1話 - 第72話)の語りも兼任。
: アキの祖母で、通称「夏ばっぱ{{Refnest|group="注"|「ばっぱ」とは「おばあさん」という意味で、ドラマ中の方言として使われている<ref name="hougen">{{Cite web |title=方言コーナー |publisher=NHK盛岡放送局 |work=連続テレビ小説あまちゃんNHK盛岡放送局ご当地サイト |url=http://www.nhk.or.jp/morioka/amachan/dialect/index.html |accessdate=2013年5月}}</ref>。その他、ドラマ中の方言については「[[あまちゃん#北三陸市]]」を参照。}}」。「海女クラブ」の会長も務める最年長の現役海女で、初登場時64歳(第2話)。本業以外にも「軽食&喫茶リアス」、「スナック梨明日(りあす)」を営み{{Refnest|group="注"|name="houkoku"|北三陸鉄道が店のオーナーであり、夏は雇われ店主という設定だという<ref>{{cite web |title=視聴者対応報告 平成25年4月 |work=NHK |accessdate=2013-08-11 |url=http://www.nhk.or.jp/css/report/pdf/1304.pdf}}</ref>。}}、「リアスの[[ウニ丼]]」の製造<ref name="natsu profile">[http://www1.nhk.or.jp/amachan/cast/01.html#1_3 登場人物|NHK連続テレビ小説あまちゃん 天野夏] NHKオンライン|]</ref>および販売もこなす(第3話)。
: 故郷の北三陸をこよなく愛しており、生まれてから2010年の夏まで一度も外へ出たことがない<ref name="natsu profile"/>。同じく北三陸を愛するアキから尊敬され、彼女が海女になるきっかけともなるが(第123123話)、{{要出典範囲|娘の春子に対しては素直になれず|date=2013年9月}}互いに憎まれ口をたたき合っている<ref name="haruko profile"/>。アイドルを志願する若き日の春子を応援していたものの、春子に海女になってもらうことを地元民に切願されて悩んだ末、無言で春子を東京へ送り出した(第3939話)。このことが原因で、 春子から大きく失望されていたが、後に勉から事情を聞かされることとなる(第7272話)。
: {{要出典範囲|夫の忠兵衛とは、新婚夫婦のように仲睦まじいが、19歳だった1964年にリサイタルのステージでデュエットした歌手・橋幸夫にも長年憧れ続けている。またこのステージに立ったのがきっかけで、若き日には北三陸のアイドル的存在だった(第20週){{要出典範囲|口癖は「来る者は拒まず、去る者は追わず」。同じく癖として、人が話をしている最中によく寝てしまう。たぬき寝入りの時は閉じているが、本当に寝入っている時はまぶたを開けて寝ている。|date=2013年9月}}
: {{要出典範囲|アイドルになりたがるアキの本心を聞き、他の海女クラブの会員たちとともに応援する。その件で戸惑う春子から相談された際、25年前に春子の気持ちを優先せずに海女の依頼を断らなかったことを謝罪し、和解する(第12週)。アキが旅立つ際、春子の時と同じように浜辺で[[大漁旗]]を振り見送る。「東京編」に入って、かつ枝からもらった猫の「かつえ」を自宅で飼っている。2010年のお盆休みに66歳にして初めて東京旅行を楽しみ、橋幸夫と再会することが叶い、その後アキがオーディション一次審査に臨む当日、病に倒れるが(第20週)、手術の結果、意識を取り戻す|date=2013年9月}}(第21週)。退院後、看病してくれていた春子に対し、初めて「ありがとう」と言う<ref>126話の天野家での夏と春子の会話のシーンより。</ref>。
; 天野春子(あまの はるこ)
:演 - [[小泉今日子]](若き日の春子:[[有村架純]]/少女期:[[田附未衣愛]]/幼少期:[[豊嶋花]])※第132話後半以降の語りも兼任<ref>132話の実際の語り、及び、133話以降のオープニングの表示より。</ref>。
: {{要出典範囲|帰省した春子から離婚を切り出されるが受け入れられず、アキの17歳の誕生日をきっかけに天野家に住み込んで北三陸のタクシー会社に就職する。その後、春子と協議し、離婚に応じ東京へ戻る。|date=2013年9月}}
: {{要出典範囲|アキを溺愛しており、中学生まで一緒のベッドで寝ていた。その一方で教育に関しては厳しく、学校や塾をサボって海女活動を始めたアキを叱責するが、海女仲間の一員として明るく働くアキを見て考えを改める。|date=2013年9月}}
: {{要出典範囲|東京編で、アキが実家へ帰った際、離婚後に[[同窓会]]で再会した同じく[[バツイチ]]の女性と交際していることがアキにばれるが、程なく関係は終局(第13週など){{要出典範囲|アキがアイドルを目指しGMT47に加入したことについて、アキの適性に合わないことと荒巻が関わっていることから反対するが、GMT脱退後は応援にまわり「スリーJプロダクション」立ち上げの資金を提供し、運転手を引き受ける<ref>108話の正宗のマンションでのやりとり及び、109話のナレーションより。</ref>。|date=2013年9月}}
; 天野忠兵衛(あまの ちゅうべえ)
:演 - [[蟹江敬三]]
18,386

回編集