「貞子3D2」の版間の差分

編集の要約なし
| 次作=
}}
『'''貞子3D2'''』(さだこスリーディーツー)は、[[2013年]][[8月30日]]に公開された[[日本]]の[[ホラー映画|ホラー]]映画。[[立体映画|3D映画]][[映画のレイティングシステム|PG12指定]]
 
前作『貞子3D』の5年後を描く続編ホラー映画。瀧本美織の映画初主演作品。脚本は『[[ラビット・ホラー3D]]』の保坂大輔と『[[アベックパンチ]]』の杉原憲明、監督は前作同様に英勉。前作公開以後すぐに製作が開始、再び3D映画として製作された。クライマックスシーンでは赤い水のイメージを作り出すために、角川大映スタジオに総量25tの水が使われた。
 
== スマ4D ==
本作は世界初のスマ4Dと題し、上映中に無料アプリ『スマ4D公式アプリ』(ios5.0以上、Android2.3.3以上対応)を起動させることで音声認識で本編と連動した仕掛けが施されている<ref>[http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1308/15/news066.html 「貞子3D2」で世界初・スマホ連動型映画鑑賞 上映中は携帯電話の電源を“オン”に]ITmedia ニュース 2013年08月15日</ref><ref>[http://exdroid.jp/d/60952/ “飛び出す貞子”を体感できる「貞子3D2公式」アプリ 世界初の映画連動“恐怖アプリ”の怖すぎる実力]EXドロイド 2013年08月19日</ref>。開発は[[カヤック (インターネット企業)|カヤック]]とエヴィクサーの共同開発<ref>[http://www.sankeibiz.jp/business/news/130822/prl1308221608064-n1.htm カヤックとエヴィクサー、角川書店「貞子3D23D2」のスマ4D4D専用アプリを共同開発]サンケイビズ 2013年8月22日</ref>。「前作を越えるものを」という監督のアイデアで、脚本段階からスマ4Dを意識し演出がされている。また冒頭ガイダンスでは監督自らが演出している。本編の内容と連動して、劇中の電話がかかってくる、カメラのフラッシュが突然光る、カメラが作動し映画とは違うものが映り込んでくる、電話帳や画像フォルダが乗っ取られる、ダウンロードした楽曲が勝手に再生される、などの仕掛けが30回以上も発生する。また映画を観終わった後の深夜0時にも、突然貞子から電話が掛かってくるという仕掛けもある<ref>[http://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/rbbtoday_111329 恋愛トラブルに発展するケースも……『貞子3D2』のスマホ連動に注意]楽天woman 2013年9月3日</ref>。
 
== プロモーション ==
 
== キャスト ==
*; 安藤楓子(あんどう ふうこ) - [[瀧本美織]]
: 孝則の妹。孝則に預けられた凪を育てている。
*; 安藤孝則 - [[瀬戸康史]]
: 前作の主人公で、凪の父親。
*; 上村文香 - [[大沢逸美]]
: 臨床心理学の教授。
*; 安藤凪(あんどう なぎ) - [[平澤宏々路]]
: 安藤孝則と故・鮎川茜の娘。
*; 垣内貢 - [[大西武志]]
: 警視庁刑事。
*; 鮎川茜 - [[石原さとみ]](特別出演)
: 前作から登場。安藤孝則との間に凪を産むもその後亡くなる。
*; 柏田清司 - [[山本裕典]]
: 前作から登場。前作の事件から死刑囚として服役。
*; 小磯勇吾 - [[田山涼成]]
: 前作から登場。5年前の事件を追っていた刑事。
 
== 書籍 ==
; ノベライズ
*: 「貞子3D2-再誕」
: 角川ホラー文庫。著者[[後藤リウ]]。
; コミックス
*: 「貞子3D2」
: 角川書店。原作鈴木光司、漫画[[有希うさぎ]]。
 
{{DEFAULTSORT:さたこすりいていつう}}
[[Category:2013年の映画]]
[[Category:関西テレビ製作の映画]]
[[Category:角川映画]]
[[Category:日本の3D映画作品]]
[[Category:日本のホラー映画]]
[[Category:日本のスリラー映画]]
[[Category:関西テレビ製作の映画]]
[[Category:角川映画]]
[[Category:鈴木光司]]
18,386

回編集