「暦の上ではディセンバー」の版間の差分

m
アメ女の楽曲は「暦の上ではディセンバー」以外にも「涙目セプテンバー」「空回りオクトーバー」「肌寒いノベンバー」「ペンフレンドはバンクーバー」などが劇中に登場しているが、実際に曲が披露されているのはリリース日の2013年6月29日現在「暦の上ではディセンバー」のみである。
 
『あまちゃん』の劇伴を手がけた[[大友良英]]が自身のブログおよび自身のラジオ番組で語ったところによると、劇中で重要な役割を与えられることが最初から決まっていた[[潮騒のメモリー]]と異なり、元々は劇中でBGM的に使用される予定で制作され始めたものであったという{{Sfn|大友 (2013.07.09)}}{{Sfn|大友 (ラジオ)}}{{Refnest|group="注"|このような経緯で作成された楽曲(歌)の一つに、「いらないバイク買い取るぞう!」(劇中劇内のテレビCMのために作成された曲。[[あまちゃん 歌のアルバム]]収録)がある。}}。ドラマ制作がある程度進行した時点で、脚本の[[宮藤官九郎]]から劇中で使う楽曲のための短い詞が大友に送られ、大友とストリングスアレンジを担当していた[[江藤直子]] ([[Giulietta Machine]]) がこれに曲を付けて宮藤に送ったところ、宮藤から「本格的に作りたくなっちゃいました」とその日のうち{{Refnest|group="注"|宮藤は「3分で書き上げた」と語っている{{Sfn|NHK公式}}。}}に[[Aメロ]]・Bメロ・ラップパートの入ったフルサイズの歌詞が送られてきたといい{{Sfn|大友 (ラジオ)}}、さらにNHKの[[音響効果]]スタッフから「劇中の振り付けや撮影の進行の関係上、翌日までデモ音源を作成して欲しい」との依頼があったため{{Sfn|大友 (2013.06.28)}}、大友と潮騒のメモリー録音のためにたまたまレコーディングスタジオに居合わせた[[Sachiko M]]が一晩かけてデモ音源の制作に取り組んだものであった{{Sfn|大友 (ラジオ)}}。具体的には、最初のデモ音源で作られたサビ(大友担当)とイントロ(江藤担当)にSachiko MがAメロとBメロを追加して整えたというもので、デモ音源のラップパートは大友自身により吹き込まれ、これを聴いた宮藤らが爆笑したという{{Sfn|大友 (ラジオ)}}。「ラララ」の部分はSachiko Mのアイデア<ref>[http://bccks.jp/bcck/115829/info 『All about Sachiko M intro』]-teamsachikom著 teamsachikom出版発行</ref>。この(フルサイズの)デモ音源を元にドラマ内のカラオケ音源などを制作した[[高井康生]]がギターやベースにより2か月近くをかけてアレンジを行って最終的に曲を完成させた{{Sfn|大友 (2013.07.09)}}。イントロのコードが他の部分と明らかに異なるが、これは江藤の作成した最初のデモ音源のイントロ(元々は「東京編」のBGMとして用いるために作られたものであるという)を転調せずそのまま使ったためで、大友がつなぎ合わせて転調しようとしたところ、その意外性からそのまま使用したものだという{{Sfn|大友 (ラジオ)}}。
 
楽曲の名義は「アメ横女学園芸能コース」であるが、実際にこの楽曲を歌唱したのは能年と同じ[[レプロエンタテインメント]]に所属する5人組女性アイドルグループ「[[ベイビーレイズ]]」と、劇中でアメ女メンバーの成田りな役で出演する[[水瀬いのり]]の計6人によるものである<ref>{{Cite web |date=2013-07-09 |url=http://tower.jp/article/news/2013/07/09/n03 |title=「あまちゃん」挿入歌“暦の上ではディセンバー”はベイビーレイズが歌唱! 8月にシングル発売 |publisher=[[タワーレコード]] |accessdate=2013-07-09}}</ref>。元々大友は「(BGM的に使われる楽曲なので)NHKの若い子を集めればいいや」と考えていたところ、高井によるアレンジの出来の良さと、ドラマ内で頻出することが判明したことからに本格的なレコーディングを決断、劇伴のレコーディングのスケジュールがあらかじめ決まっていたことから「録音日にスケジュールの合う、ある程度ちゃんと歌える歌手と若くて元気のいい女性」のブッキングを依頼したところ、たまたまスケジュールの空いていたベイビーレイズと水瀬、コーラスとして参加した10代のモデル5名([[幸映]]、[[下垣真香]]、[[野中葵]]、杉浦舞美、坂口佳穂)に白羽の矢が立ったものであったという{{Sfn|大友 (ラジオ)}}。歌のパート割りはNHKのドラマ演出担当の指示によるものだという{{Sfn|大友 (ラジオ)}}。
18,386

回編集