「円恵法親王」の版間の差分

編集の要約なし
 
== 経歴 ==
無品ではあったが、[[四天王寺]][[別当]]を務め、また皇族で初の[[園城寺]][[長吏]]となるなど、父である後白河法皇の[[院政]]を仏教界から支えた。しかし[[治承]]4年([[1180年]])の[[以仁王の挙兵]]において異母兄である[[以仁王]]が園城寺に逃げ込んだ際には、[[平家]]方に情報を提供するも、王への協力の嫌疑をかけられ捕縛されそうになり、四天王寺の[[検校]]職を停止されている。
 
その後も法皇の身辺に伺候したが、そのため寿永2年の[[源義仲]]による[[法住寺 (京都市)|法住寺殿]]襲撃([[法住寺合戦]])において義仲軍と戦うこととなり、戦場からの逃亡の途中、華山寺付近にて射殺された。
== 参考文献 ==
*[[安田元久]] 『鎌倉・室町人名事典』、[[新人物往来社]]
* 『[[日本古典文学大系|新日本古典文学大系 43 『[[保元物語]] 45 [[平物語]] [[承久記]]』、[[岩波書店]]
 
{{Japanese-history-stub}}
4,830

回編集