「風立ちぬ (宮崎駿の漫画)」の版間の差分

[[航空]][[技術者]]として活躍した堀越二郎が、[[主人公]]のモデルとなっている<ref name="mainichi20121213"/><ref name="shimamura20121213"/><ref name="toho20121213"/>。[[七試艦上戦闘機]]、[[九試単座戦闘機]]、[[零式艦上戦闘機]]の[[設計]]などを手掛けた、二郎の生涯が描かれている<ref name="mainichi20121213"/><ref name="shimamura20121213"/>。[[東京]]、[[名古屋市|名古屋]]、[[ドイツ]]を舞台に、二郎の10代から30代までを中心に物語が展開される<ref name="toho20121213"/>。航空技術者としての活動とともに、オリジナル要素である[[ヒロイン]]との恋愛シーンも盛り込まれている<ref name="toho20121213"/><ref name="ito20121221"/>。
 
: 群馬に生まれた二郎は、幼いころから飛行機に憧れる少年だった。しかし、二郎は[[近視]]だったため、パイロットになるのは不可能だったため、飛行機の設計士になれないかと夢想していた。夢の中で飛行機製作者のカプローニに邂逅した二郎は、近視でも飛行機の設計士になれるのかと質問した。カプローニから励まされた二郎は、飛行機の設計士になろうと決意するのだった。その後、二郎は飛行機の設計士を目指し、東京の大学で航空工学を学ぶようになる。汽車に乗っていた二郎は、ひょんなことから[[少女]]とその[[女中]]と知り合うが、そのとき関東大震災が発生、二郎は2人を助けるのだった
 
: 大学卒業後、二郎は飛行機製造会社に就職し、名古屋に向かう。初めて試験飛行を目にした二郎は感銘を受けるが、[[はやぶさ|隼型飛行機]]は急降下試験で空中分解し、コンペは失敗に終わる。上司の黒川は、二郎に欧米の進んだ技術を学んでくるよう勧める。同期の本庄らとドイツに渡った二郎は、[[ユンカース G.38|G.38]]などを目の当たりにし、その技術水準に圧倒される。帰国した二郎は、上司の服部や黒川から[[七試艦上戦闘機]]の設計主務を命じられる。初めての設計主務に二郎は悪戦苦闘するが、ようやく完成した飛行機は飛行試験中に[[垂直尾翼]]が折れて墜落した。失意の二郎は休暇を取って軽井沢に向かうが、そこで関東大震災のとき助けた少女菜穂子と再会し、交際することになる。しかし、菜穂子は[[結核]]を患っていた。
: その後、[[九試単座戦闘機]]の設計主務を命じられた二郎は、[[逆ガル]][[翼]]や[[沈頭鋲]]を採用するなど意欲的に設計に取り組む。そのとき、入院していた菜穂子が病院を抜け出したことを知る。名古屋で菜穂子に再会した二郎は、菜穂子の死期が近いことを悟り、黒川夫妻の媒酌で結婚する。二郎はその後も設計に執念を燃やすが、一方、菜穂子の症状は重くなっていった。二郎らの努力の結果、九試単座戦闘機の飛行試験は大成功に終わるが、そのころ菜穂子はたった一人で再び高原の病院に戻るのだった。
 
: その後、[[九試単座戦闘機]]の設計主務を命じられた二郎は、[[逆ガル]][[翼]]や[[沈頭鋲]]を採用するなど意欲的に設計に取り組む。そのとき、入院していた菜穂子が病院を抜け出したことを知る。名古屋で菜穂子に再会した二郎は、菜穂子の死期が近いことを悟り、黒川夫妻の媒酌で結婚する。二郎はその後も設計に執念を燃やすが、一方、菜穂子の症状は重くなっていった。二郎らの努力の結果、九試単座戦闘機の飛行試験は大成功に終わるが、そのころ菜穂子はたった一人で再び高原の病院に戻るのだった
 
== 登場人物 ==
18,386

回編集