「Ultra soul」の版間の差分

(→‎収録曲: 曲名にかっこ追加)
# '''ultra soul''' (3:39)
#: [[2001年世界水泳選手権|世界水泳福岡2001]]大会公式テーマソング。世界水泳で使用されて以降、[[テレビ番組]]のスポーツ(特に[[水泳]])の企画などでこの曲が使用されることが多い。『[[ミュージックステーション]]SP』のアゲうたランキング(盛り上がる曲ランキング)、夏うたランキングでも上位をマークした。
#: B'zのライブ[[LIVE-GYM]]では多く演奏されている楽曲でリリース以降ほぼ毎回歌われる欠かさない定番曲である<ref>2013年現在、演奏されなかったライブは[[B'z LIVE in なんば|2006年のプレミアムライブ]]、「B'z SHOWCASE 2007 -B'z In Your Town-」の一部会場、「[[LIVE-GYM#2008年|B'z LIVE-GYM 2008 "ACTION"]]」のみ。リリース以降、B'zとしてのライブがなかった2004年を除けば、毎年演奏していることになる。</ref>。2002年以降からライブで演奏される際はエンディングのアレンジが変更されており、ラストの「ウルトラソウル!ハイ!」を3回、又は4回繰り返し、その際に観客を含めて一緒にジャンプすることが定番となっている。
#: [[ミュージック・ビデオ|PV]]は2人、バンドプールの水上で演奏しているというもので、[[東急ホテルズ|羽田東急ホテル]](現在は閉館・解体済)のプールの水上撮影された演奏しているというもの。撮影時期は2月かなり寒く、1カットず1つの収録が撮り終わったらすぐに近くにある巨大ストーブの前飛んでき温まていたという。稲葉は最初はロングコートを着て歌っているが最終的には途中から半袖のシャツになり歌う
#: サビの最後の「ウルトラソウル(ハイ!)」というフレーズは、当初の松本の作曲の段階では存在していなかった(稲葉によると「(サビのラストは)もっと流れて行くような感じだった」とのこと)<ref name="msta">[[テレビ朝日]]系『ミュージックステーション』[[2013年]][[6月14日]][[オンエア]]の出演時より</ref>。その後アレンジを進めていくうちに、作詞を担当している稲葉から「タイトルは『ultra soul』でどう?」という話を聞いた松本は、「そのフレーズはイケる!」と感じ、「その部分はみんなで言わなきゃダメでしょ」という思いでサビのラストを現在のフレーズに変更した<ref name="msta" />。
#: レコーディングの際、[[アコースティックギター]]の音は当初とずれていたが、「逆にこれが良い」という判断になりそのまま採用されている。
#:[[日本プロ野球|プロ野球]]・[[埼玉西武ライオンズ]]内野手[[片岡易之]]が登場曲として使用。
#:[[森田一義アワー 笑っていいとも!|笑っていいとも!]]の[[月曜日]]のコーナー「ウルトラソウル選手権」のBGMに1番のサビ部分だけが使用されている。
#:[[テレビ朝日|テレビ朝日系列]]の[[ミュージックステーション]]では「[[LOVE PHANTOM]]」「[[今夜月の見える丘に]]」「[[愛のバクダン]]」とならんで一番演奏された回数が多いB'zの楽曲になっていである。
# '''[[SURVIVE#収録曲|スイマーよ2001!!]]''' (3:27)
#: 世界水泳福岡2001に合わせて製作された、「スイマーよ!!」のリメイクバージョン。アレンジが変更されている他、新たに歌詞が追加、変更されている。
匿名利用者