「うちわ」の版間の差分

(→‎起風: 細部修正)
 
===戦国時代 ===
その後、形態や材質は時代によって変化してゆき、軽くて扇部がへたらない構造として、[[竹]]または蒲葵(びろう)や芭蕉の骨と[[紙]]を素材とする「現在のかたち」の原型となったのは[[室町時代]]末である。また、[[戦国時代 (日本)|戦国時代]]以降、素材に漆塗りの網代団扇や漆塗りの皮、あるいは板や薄い鉄板などを用い堅固につくられた軍配団扇(略称:軍配)が[[武家]]の戦いの中で使用された。[[武将]]の戦における軍の指揮、一軍の象徴、家紋を示し、矢石を防ぐ武具としての機能も果たした。また、旗指物に大型団扇が使われ、そこには家紋などが示された。
 
=== 近世 ===
匿名利用者