「パルジファル」の版間の差分

編集の要約なし
m (lk)
{{otheruses||ヨーロッパの国際列車|パルジファル (列車)}}
{{Portal クラシック音楽}}
'''舞台神聖祝典劇 ''''''パルジファル'''(''Bühnenweihfestspiel "Parsifal"'' )は[[リヒャルト・ワーグナー]]が[[1865年]]、[[バイエルン国王]][[ルートヴィヒ2世 (バイエルン公)|ルートヴィヒ2世]]のために書いた[[オペラ]]。全3幕。原語ドイツ語。[[リブレット (音楽)|台本]]も作曲家自身による。[[中世]](10世紀ごろ)[[スペイン]]のモンサルヴァート城及びクリングゾルの魔の城を舞台とする。
 
初演は1882年7月26日、[[バイロイト祝祭劇場|バイロイト祝祭歌劇場]]。日本初演は1967年。
 
== 主な登場人物 ==
 
*'''パルジファル'''([[テノール]]) 無垢で愚かな若者として登場し、パルジファルの名前は劇中で明らかにされる。
*'''グルネマンツ'''([[バス (声域)|バス]]) モンサルヴァート城の老騎士。のちに隠者。
舞台裏に[[鐘]]6個、トランペット6、トロンボーン6、中太鼓、[[サンダーマシーン|サンダーシート]]
 
[[ニーベルングの指環]]』以来の4管編成の跡が残っている。
 
== 演奏時間 ==
 
== 第1幕への前奏曲 ==
[[変イ長調]]。ワーグナー自身は、前奏曲は「劇的」でなく「根源的」に演奏されねばならないと語っていたとされる。また、ワーグナーがルートヴィヒ2世のために書いた注釈には、「愛-信仰-:希望?」と記されている。前奏曲では、主として「愛餐の動機」([[イングリッシュホルン]]、[[クラリネット]]、[[ファゴット]]、弱音器付きの[[ヴァイオリン]]、[[チェロ]])、「聖杯の動機」(金管の順次上行。ドイツの[[賛美歌]]『[[ドレスデン・アーメン]]』を借用)、「信仰の動機」([[ホルン]]、[[トランペット]])が扱われる。とくに「愛餐の動機」は、多種の楽器を重ねることで楽器独自の響きがぼかされており、これはバイロイト祝祭歌劇場での上演を意識した音色と見られる。『ローエングリン』前奏曲が[[イ長調]]であるのに対し、『パルジファル』前奏曲がそれより半音低い変イ長調で書かれていることも、より柔らかい、くぐもったような雰囲気を表出することに役立っていると考えられる。曲は次第に重苦しくなっていくが、やがて「聖杯の動機」が希望を示すかのように繰り返され、第1幕へとつながっている。
 
== 解釈について ==
[[Category:ワーグナーのオペラ]]
[[Category:19世紀のオペラ]]
[[Category:アーサー王伝説に関する文学舞台作品など]]
[[Category:スペインを舞台とした作品]]
[[Category:歴史を題材とした作品]]
匿名利用者