「ハルパー」の版間の差分

編集の要約なし
'''ハルパー'''([[ギリシャ語]]:ἅρπη)は、[[刀剣]]の一種。[[紀元前7世紀]]~[[紀元前3世紀]]頃に[[古代ギリシア]]で使用されていた。ハルペー、ケペシュなどとも呼称される。
 
刀身が[[鎌]]のように大きく湾曲した形状をしており、刃は内側にある。主な使用法は、内側に湾曲した刃を引っ掛けて、力任せに切り落とす。全体は一体となっており、握り易いように山なりの丸みをおびている。
 
[[古代ローマ]]では[[トラキア]]の[[剣闘士]]が所有する曲刀がこのハルパーだったと言われている。
 
==神話==
鍛冶神[[ヘパイストス]]が鍛造した[[アダマント]]のハルパーは、天空神[[ウラヌス]]の去勢、巨人[[アルゴス]]の暗殺、英雄[[ペルセウス]]の[[メドゥーサ]]討伐などに使用された。
 
このハルーは、たとえ相手が不死の神や怪物であっても効力を発揮したといわれている。
 
 
{{DEFAULTSORT:はるは}}
354

回編集