「あまちゃん」の版間の差分

 
3月11日、[[東日本大震災]]が発生。翌日に控えたアキとGMTの合同ライブは急遽延期され、海が舞台の『潮騒のメモリー』は上映打ち切りになるなど、世情は大きく変わる。北三陸の人々の無事は確認出来たものの、現地の様子が気になる心を抑えアキは仕事に打ち込み続けるが、6月、芸能活動を辞めて独りで北三陸に帰る。現地の惨状を見たアキは海女カフェを復興させることを宣言し、海女活動に復帰する(第23週)。
 
海女カフェを含め町の復興は困難が立ちはだかるが、夏の叱咤激励に「いつまでも被災者ではいられない」と地元民は奮い立つ。アキは北鉄でのアイドル活動も再開して多くの客を集め、地元民も勢力的に動きだし、町の収益を伸ばしていく。アキはユイに「潮騒のメモリーズ」の復活を持ちかけるが、震災で心に傷を負ったユイは頑に断る。やがて北三陸には安部、種市が帰郷し海中瓦礫撤去にいそしむ。水口も、「潮騒のメモリーズ」とお座敷列車の復活を望み、スリーJの北三陸支社長として東京から移住し勉に再度弟子入りする。ユイはGMTの北三陸訪問をきっかけにアイドルへの夢を甦らせ、アキたちの説得を受け入れて「潮騒のメモリーズ」を再結成する。
 
== 登場人物 ==
18,386

回編集