「ヴィンス・ニール」の版間の差分

1981年、モトリー・クルーの初代ヴォーカリストとしてデビュー。
 
新曲を含むベスト・アルバム『デケイド・オブ・デカダンス』(1991年)を最後に、モトリー・クルーを一度脱退。1992年、映画『Encino Man(邦題:原始のマン)』に、[[ダム・ヤンキース]]のジャック・ブレイズとトミー・ショウと共作した楽曲「You're Invited (But Your Friend Can't Come)」を提供してソロ・デビュー。2のソロ・アルバムを発表した後、1997年にモトリー・クルーに復帰。
 
モトリー・クルー復帰後もソロ・ツアーは続けている。
 
かつてはかなり破天荒な問題児として、ロックシーンにその悪名を轟かせた。
今まで過去に何度もバンドを脱退(実質的にはクビ)しがらも舞い戻っている。その理由はしかし、彼のパワフルかつ秀逸なボーカル特にその独特の声色―が唯一無二のものであり声質が、モトリー・クルーのイメージを決定けているからでありため舞い戻っている。ライブでも数多くの伝説的なパフォーマンスを残している。
 
音楽活動だけでなく他のビジネスにも手を広げ、クラブ経営からタトゥー・ショップ経営、2010年3月には近距離航空会社Vince Neil Aviation社を設立した。
匿名利用者