「ローリングリリース」の版間の差分

m
編集の要約なし
(メンテナンス用の隠しカテゴリがあるので +DEFAULTSORT)
m
'''ローリング・リリース'''とは、[[ソフトウェア開発]]において、[[ソフトウェア]]システムを断続的(頻繁に)に更新していくリリースモデルを指す。この用語は、いわゆる「バージョン番号」を用いて新バージョンで再インストールを要求するような一般的なリリースモデルへの対比として用いられる。一般的なリリースモデルでは離散的なバージョンごとに更新が要求されるが、ローリングリリースではソフトウェアは頻繁に更新される。
 
ローリング・リリースという用語は、どのようなソフトウェアシステムでも用いられうことできるものの、この語の典型的な使用例は、いくつかの[[Linuxディストリビューション]]のリリースモデルとして見かけられる。
 
一般にローリング・リリースは小さく頻繁な更新として実現されている。しかし、単に更新をすることだけではローリング・リリースを採用しているとみなされない。ローリング・リリースとみなされるには、一定の更新をしたのちに離散的なリリースをするのではなく、単一のコードブランチで開発を行い、更新を頻繁にリリースするという開発者の思想が要件になる。
263

回編集