「秘跡」の版間の差分

m
編集の要約なし
m編集の要約なし
'''秘跡'''(ひせき、{{lang-el-short|μυστηριον}}、{{lang-la-short|Sacramentumsacramentum}}、{{lang-elen-short|μυστηριονsacrament}}, サクラメント)は、[[カトリック教会]]の用語で、「[[イエス・キリスト]]によって制定され、教会にゆだねられた、[[神の恵み]]を実際にもたらす感覚的しるし」のこと<ref name="Compemdium 137">[[カトリック教会のカテキズム]]より。(『カトリック教会のカテキズム 要約(コンペンディウム)』137頁、カトリック中央協議会 ISBN 978-4-87750-153-2 )</ref>。かつては「秘蹟」とも書かれていた。[[英語]]では「'''サクラメント'''(Sacrament)」で、[[キリスト教]]の他の[[キリスト教諸教派の一覧|教派]]にも相当するものがあるが、日本では教派によって訳語が異なる。
 
[[Image:Seven Sacraments Rogier.jpg|thumb|380px|七つの秘跡 [[ロヒール・ファン・デル・ウェイデン]]画 1448年]]
1,057

回編集