「ジンマオタワー」の版間の差分

編集の要約なし
m (ボット: 言語間リンク 38 件をウィキデータ上の d:q80813 に転記)
編集の要約なし
| カタカナ=ジンマオダーシャ
}}
'''ジンマオタワー'''は[[中華人民共和国]][[上海市]][[浦東新区]]に位置する[[超高層ビル]](高さ420.5m、88階)。ビルの最上階は有料の展望台として公開されており、[[東方明珠電視塔]]や[[上海環球金融中心]]の展望台と並ぶ人気の展望ポイントである。また、53階から87階には、このビルのメインテナントである[[ホテル]]「[[グランドハイアット|グランド・ハイアット]]上海({{lang-zh|金茂君悦大酒店}})」がある。ホテルより下は[[上海ダイヤモンド取引所]]をはじめとする様々なオフィスが入っている。
 
== 構造 ==
[[File:Jin Mao Tower and Shanghai World Financial Center.jpg|thumb|下から見たジンマオタワー(左)と上海環球金融中心(右)]]
ビルは[[上海地下鉄]][[陸家嘴駅]]からすぐの場所にある2万4000平方mの敷地に建っている。設計は数々の超高層ビルを手がけてきたシカゴの設計会社[[スキッドモア・オーウィングズ・アンド・メリル]](SOM)が手がけた。ビルのデザインは、[[仏塔]]など中国建築の形態を引用した[[ポストモダン建築]]風のものであり、ビル全体が仏塔の屋根のようにリズミカルに分節され、階数が上がるごとに徐々に細くなる尖塔状になっている。
 
中国文化における吉数である「8」がビルのいたるところに使われている。全体の階数は「88」で、頂上から基部までが16段に分節されており、高さ16階の最下層から一段ごとに8分の1ずつ低くなっている。エレベーターや配管などを格納したビル中央部のコアは[[コンクリート]]製の立体耐震壁で囲まれているが、コアの断面は[[八角形]]になっている。コアを囲むようにオフィス空間が広がり、その外壁に8つの[[複合材料]]製スーパーコラムと8つの鉄製支柱が建ちビル全体を支えている。スーパーコラムや支柱とコアとの間は高さ2階分の[[トラス]]構造の梁8つで連結している。
 
ビルは堆積した土砂からなる軟弱な地盤に建つため、基礎は深さ83.5mに達する鉄製のパイル1062本でできており、各パイルは厚さ4mのコンクリートで覆われている。地下階を囲む鉄筋コンクリート製の土中壁は厚さ1m、高さ36m、周囲568mになる。
 
=== ホテル ===
53階から87階は客室555室を誇る五つ星ホテル、グランド・ハイアット上海である。このホテルは世界一地上から高いホテルであった(ホテル単独での最高層のビルは[[ドバイ]]の[[ブルジュ・アル・アラブ]])が、2008年に隣の上海環球金融中心ビル内に系列のパークハイアット上海が開業し、世界一地上から高いホテルの座を譲っている。また世界一長いランドリー・シュートがホテル最上階から地下の洗濯室まで繋がっており、シュート内を落ちる洗濯物の速度を落とすバッファーがシュート内の各所に設けられている。
 
このホテルで最も印象的な部分は、56階から87階までに及ぶ目もくらむような世界最大級の円筒形の[[アトリウム]]である。客室を結ぶ回廊が下から上まで連なり、各回廊を結ぶ階段が螺旋状に配されており、直径は27m、高さは約115mになる。
匿名利用者