「ろう付け」の版間の差分

→‎作業手順: 内部リンクの追加
m (ボット: 言語間リンク 件をウィキデータ上の d:q13389141 に転記)
(→‎作業手順: 内部リンクの追加)
一般的なろう付けの作業は以下のようになる。
#母材の接合面に油汚れや酸化膜があるとろうのなじみが悪くなるため母材表面を洗浄する。
#加熱による母材表面の酸化を防ぐとともにろうの流れを促進させる為[[融剤|フラックス]]と呼ばれる薬品を接合面に塗布する。
#部材を組み立て加熱した後、接合部にろうを押し付けて溶かし、ろうを接合面全体に行き渡らせる。
#ゆっくりと冷まし部品全体が一体化したら、必要に応じてフラックスの残滓を除く為や加熱によってできた酸化膜を除く目的で洗浄する。