「ローソク足チャート」の版間の差分

「疑念を持」っているのは編者個人にすぎず、「疑」っている主体も不明である。事典であることを理解し客観的事実のみ記述するように
m
(「疑念を持」っているのは編者個人にすぎず、「疑」っている主体も不明である。事典であることを理解し客観的事実のみ記述するように)
ローソク一つあたりの期間が一日の場合は'''日足'''(ひあし)、一週間の場合は'''週足'''(しゅうあし)、一月の場合は'''月足'''(つきあし)、一年の場合は'''年足'''(ねんあし)と呼ぶ。
 
ローソク足は[[江戸時代]]に[[出羽国]]の[[本間宗久]]が発案し、[[大阪]]・[[堂島米会所|堂島の米取引]]で使われたという伝説が広く知られている。しかし、宗久が記したとされている著作に矛盾点や時代考証的に疑念を持たざるを得ない点が多々あるため、宗久が発案者という説には疑問が持たれている(日本で考案されたことは間違いない)。今では日本国内だけでなく、日本国外でも用いられる。
 
ローソク足は一般に[[移動平均線]]と一緒に描かれることが多い。またローソク足の下に[[出来高]]を表示することが多い。
匿名利用者