メインメニューを開く

差分

家紋画像の貼り付け。ほか
享保2年([[1717年]])、[[奥平昌成]]が丹後[[宮津藩]]より10万石で入封。以後、[[明治]]4年([[1871年]])の[[廃藩置県]]まで9代・155年間支配するところとなった。廃藩置県の後、中津県・[[小倉県]]・[[福岡県]]を経て大分県に編入された。[[1844年]](弘化元年)、[[藩校]]『[[進脩館]]』に[[小幡篤次郎]]が入門、明治4年に[[福沢諭吉]]の弟子となり、校長に就任。のちに『中津市学校』に改組され9代藩主・[[奥平昌邁]]と共に藩士らは[[江戸藩邸]]の[[慶應義塾]]へ移った。
 
奥平時代の同藩の出身者として、藩医であり『[[解体新書]]』を著した[[前野良沢]]、下級藩士出身の[[福澤諭吉]]がよく知られている。また、福沢とは親戚にあたる[[増田宋太郎]]の2名をして、郷土の英雄として位置付けられている。[[西南戦争]]の時には旧中津藩士によって[[中津隊]]が結成され、西郷軍に参加した。
 
== 歴代藩主 ==
=== 黒田家 ===
[[File:Japanese Crest Kuroda Fuji tomoe.svg|50px]]
[[外様大名|外様]] 12万3千石 (1587年 - 1600年)
石高は、16万石とも、検地後は18万石とも説がある
#[[黒田長政|長政]](なかまさ)
=== 細川家 ===
[[File:Japanese Crest Hosokawa Kuyou.svg|50px]]
[[外様大名|外様]] 39万9千石 (1600年 - 1632年)
#[[細川忠興|忠興]](ただおき)
#[[細川忠利|忠利]](ただとし)〈小倉藩〉
 
=== 小笠原家 ===
[[File:Mon ogasawara.svg|50px]]
[[譜代大名|譜代]] 8万石→4万石 (1632年 - 1716年)
#[[小笠原長次|長次]](ながつぐ)
 
=== 奥平家 ===
[[File:Nakatu Uchiwa(No background and Black color drawing).svg|50px]]
譜代 10万石 (1717年 - 1871年)
#[[奥平昌成|昌成]](まさしげ)
*[[東軍流]]
*[[自性寺]]
 
== 外部リンク ==
*[http://www.nakatsujyo.jp/ 中津城公式ホームページ]
2,822

回編集