「Eclipse (コンピュータ)」の版間の差分

商品画像を追加 (microEclipse)、操作パネルの画像の幅を調整
m (ボット: 言語間リンク 2 件をウィキデータ上の d:q5227175 に転記)
(商品画像を追加 (microEclipse)、操作パネルの画像の幅を調整)
[[ファイルImage:Dg-eclipse.jpg|thumb|288px|right|データゼネラル Eclipse S/130 の操作パネル]]
[[Image:Eclipse microprocessor.png|thumb|288px|right|データゼネラル microEclipse マイクロプロセッサ]]
'''Eclipse'''(えくりぷす)は、[[データゼネラル]]社が[[1974年]]にリリースした16ビットの[[ミニコンピュータ]]シリーズである。Eclipse は同社の従来のミニコンピュータである[[Nova (コンピュータ)|Nova]]と共通の基本設計がベースとなっているが、[[仮想記憶]]と[[マルチタスク]]をサポートし、科学技術計算よりもオフィス用途に適していた。そういう意味では、日本では[[オフィスコンピュータ]]と呼ばれるべき製品とも言える。また、そのために外観も従来とは異なっていて、床置きの小型冷蔵庫のような形状をしていた。