「有糸分裂」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (ロボットによる: pt,sk,pl,he,ru,fr,es,en,sr,mk,hu,it,de,sl,cs,lt,da,nl,sv (strongly connected to ja:体細胞分裂)を除去)
m
 
=== 前期 ===
[[染色体凝縮]]が開始する。[[核小体]]はまだ存在している。[[中心体]]が微小管形成中心として機能し、[[微小管]]の重合が進み紡錘体の形成が始まる。間期に複製された二つの中心体は、[[モータータンパク質]]である[[キネシン]]の働きで離れていく。
 
=== 前中期 ===
[[染色体縮]]さらに進行する。核小体の消失が始まる。離れた二つの中心体は紡錘体極となり、そこから伸びた微小管が染色体の[[動原体]](kinetochore)に結合する。この微小管は動原体微小管とよばれる。下図は微小管が核膜内に進入している。[[核膜]]崩壊型の有糸分裂を行う生物では核膜が消失する。
 
=== 中期 ===
凝縮を完了した染色体細胞の赤道面に染色体が配列する。染色体の各1セットが各々正しく紡錘体に結合しているかがチェックされ、これを紡錘体チェックポイントという。支障がある場合は細胞周期が停止する。{{要出典範囲|この期は正しい染色体分配、ひいては細胞分裂のための本質的なステップと考えられている。|date=2011年8月}}
 
=== 後期 ===
146

回編集