「本質」の版間の差分

m編集の要約なし
元来[[アリストテレス]]の[[ウーシア]]は「存在するもの」という語構成を持っている語で、「本当に実在するもの」を意味し、彼にとってはまずもってそれは[[イデア]]ではなく具体的な個物であった。この[[形相]]と[[質料]]とからなる個物は、[[述語]]として用いられうる普遍者としての「第二実体」に対比された場合、[[主語]]としてしか用いられない基体としての「第一実体」と呼ばれる。ここからさらに、その個物の素材である「質料 ヒュレー」ではなく、その「形相 エイドス」こそが、ものの真の実在性を担っているという考えにたったとき、個々のものの本質としては質料と対比された形相のほうが第一の実体であると説かれる。すなわち、彼にとってウーシアという[[言葉]]は[[実体]]という含意と本質としての形相という含意をともに持っていた。
 
これが[[ラテン語]]に翻訳されるとき、substantia と essentia という二つの訳語が行われた。substantia は、ウーシアと同義で用いられていた[[位格|ヒュポスタシス]]「下に立つもの」(のちに[[キリスト教]][[神学]]の文脈ではウーシアとヒュポスタシスは区別されるようになった。この場合の訳語はpersona)の直訳で基質としての実体という観点からの訳語であり、essentia は「あるところのもの」という観点からのウーシアの訳語であった。
 
アリストテレス的枠組みに立つ限り両者は区別されず訳語の違いにすぎなかったが、中世盛期スコラ学、具体的には[[トマス・アクィナス]]以降、実体 substantia と本質 essentia は区別されるようになった。ただし、このときでも[[近代哲学]]とは異なり、本質こそが実在であるという[[観念論]]的な枠組みは維持された。存在は、本質として概念的に存在している実体と、本質に現実存在( existentia )がプラスされた、現実的に存在する実体とに区分されたのである。
匿名利用者