「エルチェの椰子園」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
{{世界遺産概要表
|site_img = ファイル:Arcoiris_en_el_Palmeral_de_Elche.jpg
|site_img =
|site_img_capt = 7本の幹がある「皇帝の椰子」
|site_img_width = 240px275px
|ja_name = エルチェの椰子園
|en_name = Palmeral of Elche
'''エルチェの椰子園'''([[スペイン語]]表記:{{lang|es|'''Paimeral de Elche'''}}、[[バレンシア語]]表記:{{lang|va|'''Palmerar d'Elx'''}})は、[[エルチェ]]にある[[スペイン]]の[[世界遺産]]の1つ。[[ヨーロッパ]]では最大規模の椰子園である。
 
登録地域は、核心地域で144万m²及びで、緩衝地帯810万m²に及ぶである。11000本以上、樹齢300年以上の[[ナツメヤシ]]がここに植えられている。18世紀には、現在の2倍の面積と20万本以上のナツメヤシが植えられていた歴史を持つ。12月に、ナツメヤシの実は収穫される。椰子園の中で最大で幹が7本あるナツメヤシは「皇帝の椰子(Palmera Imperial)」と呼ばれている。この名前は、1894年に、この椰子園を訪れたオーストリア最後の皇帝[[フランツ・ヨーゼフ1世]]の皇后である[[エリーザベト (オーストリア皇后)|エリーザベト]]にちなんでいる。
 
 
== 歴史 ==
[[2005年]]には、[[ゾウムシ]]の一種(学名Rhychophorus ferrugineus)の幼虫が、ナツメヤシに害をなしていることが発見された。
 
== 世界遺産 ==
 
=== 世界遺産登録基準 ===
{{世界遺産基準|2|4}}
 
 
== ギャラリー ==
Image:Elche - parque municipal1.jpg
Image:Elche2.jpg
 
Image:Elche3.jpg
</gallery>
 
{{スペインの世界遺産}}
{{デフォルトソート:えるちえのやしえん}}
 
[[Category:スペインの世界遺産|えるちえのやしえん]]
[[Category:バレンシア州|えるちえのやしえん]]
[[Category:2000年登録の世界遺産]]
[[Category:ヨーロッパの文化的景観]]
[[Category:世界遺産 あ行]]