「社会福祉大学院」の版間の差分

編集の要約なし
'''社会福祉大学院'''(しゃかいふくしだいがくいん)とは、[[社会福祉学]]/[[ソーシャルワーク]]の研究及び高度で専門的な[[ソーシャルワーカー]]を養成するための[[大学院]]である。
 
==概要==
 社会福祉大学院には、修士課程・博士課程による社会福祉学、ソーシャルワーク研究活動を中心とした研究大学院と、高度なソーシャルワーカー専門職を養成することを目的とした専門職大学院の二つの種類がある。社会福祉学・ソーシャルワークそのものが実践科学であり、研究活動を中心とした大学院でも高度なソーシャルワーク専門職養成をも目的とした教育が行われている。しかし、研究指向であるか、教育指向であるのかによって、日本のそれぞれの大学院の性格は大きく異なっている。ソーシャルワーク教育の中心であるアメリカにおいては、ソーシャルワーク専門職養成は修士課程で行われており、研究活動は博士課程で行うが、修士課程から研究指向が強い日本の社会福祉大学院は性格が大きく異なっている。
 
 
 戦後、厚生省により学校法人日本社会事業大学が設立され、社会福祉教育・研究の中核大学として位置づけられた。厚生省により設立されたという経緯から、社会福祉政策研究の核として今日においても社会福祉関係者により認識されており、社会福祉政策(ソーシャルポリシー)研究を担う多くの研究者を輩出している。
 
 このような社会福祉政策における日本社会事業大学の位置づけとは対照的に、社会福祉学のもう一つの核であるソーシャルワーク研究領域においては、[[明治学院大学]]や[[同志社大学]]が伝統的に中核的なポジションを形成しており、それぞれ日本で最初に社会福祉大学院を設置した伝統校(日本最初の社会福祉学の修士課程を開設したのは同志社大学であり、博士課程は明治学院大学である)の位置づけを反映している。また、精神保健福祉分野においては[[大正大学]]が知られている。
 
 2002年4月に、国立大学として初めて[[大分大学]]に、福祉に焦点をあてた大学院福祉社会科学研究科が設置された。
 
匿名利用者