「重複障害」の版間の差分

編集の要約なし
場合によっては、上述の5つのいずれかあるいは複数の障害に加え、[[発達障害]]([[学習障害]](LD)、[[注意欠陥・多動性障害]](ADHD)、[[高機能]]<ref>ここでの高機能とは、[[知能指数]](いわゆる[[IQ]])が70以上の数値を持っているもの、したがって「[[知的障害]]のない」状態ながら発達障害が発生する、ということを意味する。</ref>[[広汎性発達障害]](高機能PDD)<ref>いわゆる、[[高機能自閉症]]と[[アスペルガー症候群]]の総称</ref>)を引き起こしている場合も「重複障害」としてみなされる場合もある。このため、[[特別支援学校教諭]][[教育職員免許状]]における[[教職課程]]では、通常、「重複・LD等」領域の中に、[[発達障害]]に関する科目が設定されている(旧[[特殊教育諸学校]]教諭の各免許状には、「重複・LD等」に関する科目履修は、[[教育職員免許法施行規則|施行規則]]上設定されていなかった)。
 
ちなみに、知的障害以外の障害が主たる障害で、それに加えて、知能指数の著しく低い知的障害を従たる障害として抱えている状態のことを「'''重度'''重複障害」と称することがある(いわゆる、[[児童福祉法]]で規定される[[重症心身障害児|重症心身障害]]もこのケースに含まれる)。ここでの「重度」とは、知的障害のないという意味で用いられる接頭辞である「軽度」の対義語として用いられている。ただし、障害を有する状態の者およびその家族にとっては、どちらが主でどちらが従かは関係なく、あくまで通う学校を選択するにあたってどちらのケアが重要かという指標というだけに過ぎない点に注意が必要である。
 
==注釈==
匿名利用者