「林田繁和」の版間の差分

 
== エピソード ==
*頭頂部を立たせたツンツンしたヘアスタイルが特徴。このヘアスタイルは入社以来頑として変えていない。
*近年はラジオの出番は少なかった。『[[報道センターNBC]]』降板から『[[あっ!ぷる]]』着任までの間、昼ワイドのレギュラーを持っていた。2012年春の改編からラジオ中心の活動となる。
*1990年代、全国のラジオ局は[[電リク]]を廃止してメール・ファックスリクエストに方針転換したが、電リク番組を担当していた林田アナもこの転換によって「最後の電リクパーソナリティ」になった。
*トークで笑わせるよりも、似てない物まねを罰ゲーム的に披露する滑り芸や、あらかじめ脚本を練ったコントで笑いを呼ぶ傾向がある。『[[満腹ワイド ラジDONぶり]]』パーソナリティ時代は特に顕著で、パートナー[[佐々野宏美]]との罰ゲーム合戦などが例として挙げられる。
*[[2002年]]には[[村山仁志]]アナと林田アナの企画・出演による「トーキングセッション男子アナ天国」を開催。同年秋にはNBCアナウンサー総出のイベント「アナアナ大作戦」を開催。NBCの名物イベントとなっている。しかしイベントが大きくなるにつれて、林田アナは制作にかかわる時間が確保しづらくなり、村山アナ主導に傾きつつある。[[2004年]]秋に「男子アナ完結篇(仮)」として完結すると言っていたが、結局は2011年まで続いた。
**年代が近い村山アナとは馬が合い、親が転勤族で長崎の[[クロスネット局|クロスネット]]時代の記憶が少ない村山アナにとって、生粋の長崎育ちの林田アナは『[[想い出の花束]]』の情報源である。林田アナも『[[科学忍者隊ガッチャマン]]』恒例の“バードミサイル発射許可を巡る健とジョーの口論”をたびたびラジオ内で語っている。