「ピート・シンフィールド」の版間の差分

m
編集の要約なし
(+{{BLP unsourced}}、リンク追加)
m
'''ピーター・ジョン・“ピート”・シンフィールド'''(Peter John "Pete<ref>"Pete" は "Peter" の[[英語人名の短縮形|愛称]] --{{cite book | 和書 | title = [[ジーニアス (辞典)#英和辞典|ジーニアス英和辞典]] | edition = 第3版 | publisher = [[大修館書店]] | date = 2002年 | series = シャープ電子辞書 PW-9600 収録}}より。</ref>" Sinfield [[1943年]][[12月27日]])は、[[イギリス]]の[[ロンドン]]生まれの[[詩人]]・[[作詞家]]。
 
初期の[[キング・クリムゾン]]で「作詞を担当する準メンバー」という極めて特異な立場で参加していた。ロック・ミュージックに壮大なスケールの世界観を持ち込み、バンドの方向性を決定付けた。また、ステージでの照明効果も担当する。[[1972年]]初頭にクリムゾンを脱退。一年後の[[1973年]]にソロ・アルバム「STILL」を完成させる。([[1993年]]にピーター・シンフィールド名義で、CD「Stillusion」として再発売)
 
基本的にはミュージシャンでは無いが、[[1970年代]]前半の[[プログレッシブ・ロック]]・シーンに於けるピート・シンフィールドの業績は大きいと言える。[[キング・クリムゾン]]での実績はもちろんだが、[[ロキシー・ミュージック]]のデビュー作「[[ロキシー・ミュージック (アルバム)|ロキシー・ミュージック]]」をプロデュースしたり、[[エマーソン・レイク・アンド・パーマー]]の「[[恐怖の頭脳改革]]」に作詞で参加したり、まだ世界的に無名だった[[イタリア]]の[[プレミアータ・フォルネリア・マルコーニ|PFM]]をマンティコア・レーベルで国際展開させるといった活動歴を残している。また、[[シェール]]や[[セリーヌ・ディオン]]の作品に歌詞を提供し、世界的な成功を収めている。
81

回編集