「放電索」の版間の差分

編集の要約なし
m (ボット: 言語間リンク 2 件をウィキデータ上の d:q7604165 に転記)
 
== 概要 ==
飛行中の機体表面は空気分子や水滴、塵などとの衝突や摩擦により帯電し、[[電荷]]が溜まる([[静電気]]参照)。この<ref>[[電荷http://www.jal.co.jp/entertainment/knowledge/agora27.html 航空豆知識 飛行機に雷が落ちる?]]はそのままだと 日本航空月刊誌『Agora』1998~2003年掲載</ref>。蓄積限度を超えた際に電荷は翼端部などの先がったから空気中に[[コロナ放電]]されるが、放電に際して[[電磁波]]が発生するため無線通信機器などの電子機器に障害を引き起こが発生、またはその危険がある。取り付け適切な位置や数量を考慮してこの放電索を装備することで、より低い電圧での放電や発生する[[電場]]を意図的に制御でき、これにより[[電波障害|電磁波障害]]を防止または軽減することができる。また、機体への[[落雷]]によるがあった場合の電荷もここ放電索から荷を逃がことができる。
 
形状は一般に、直径数ミリメートル長さ十数センチメートル程度の、棒状あるいは先端をほぐした[[ロープ]]状で、抵抗値が比較的大きなタイプと比較的小さなタイプがある。前者は主として大型機に、後者は小型機に取りつけられる。[[プロペラ機]]時代にロープ状のものが開発されたため、より高速飛行に耐える棒状のものが[[ジェット機]]用として登場したのちも日本語では「索」の字が当てられている。
低抵抗タイプは、金属/炭素の細い繊維を束ね、絶縁性のビニルで被覆した構造となっている。使用時には、先端側の決められた長さの被覆を剥ぎ取り、繊維を決められた直径にほぐす。
 
主として各翼の後縁部に取り付けられ、その数は[[ボーイング747]]のような大型機(高抵抗タイプ)では その数は50 本以上におよぶ。小型機では低抵抗タイプを 10 本程度<!--反例あればお願いします-->備える。[[回転翼機]]には放電索の採用例は少ない。そのため、[[ヘリコプター]]から垂下したケーブルやフックに地上員が触れると放電([[感電]])する場合がある。
 
== セントエルモの火 ==
== 備考 ==
[[気象]]条件によっては放電索を備えていても機体表面の[[電位差]]を持つ部分にコロナ放電が発生する。これは操縦席風防などにも発生し、青白い光([[セントエルモの火]])として観察される。
 
== 備考脚注 ==
[[回転翼機]]には放電索の採用例は少ない。人命救助などで、[[ヘリコプター]]から垂下したケーブルやフックに地上員が触れると放電([[感電]])する場合があることが知られている。
{{Reflist}}
 
== 外部リンク ==