「プロタゴラス」の版間の差分

m
編集の要約なし
m編集の要約なし
m編集の要約なし
'''プロタゴラス'''({{lang-grc|Πρωταγόρας}}、Protagoras、[[紀元前490年]]ころ - [[紀元前420年]]ころ<ref>{{kotobank|プロタゴラス|世界大百科事典 第2版}}</ref>)は、[[古代ギリシア]]の[[哲学者]]、[[ソフィスト]]の一人である。
 
[[アブデラ]]生まれといわれる。ソフィストとして知られた。また、[[トゥリオイ]](アテネの植民地)の法律を作ったという。なお、[[ディオゲネス・ラエルティオス]]は『[[哲学者列伝]]』の中でプロタゴラスを原子論者[[デモクリトス]]に学んだと書いているが<ref>『哲学者列伝』9巻8章50</ref>、実際にはプロタゴラスの方がデモクリトスより30歳程度年上であり、この記述は正確ではない。
 
==思想==
「人間は万物の尺度である」という言葉で知られ、[[相対主義]]を唱えた人物の一人として有名である。人間それぞれが尺度であるから、相反する言論が成り立つのである。
 
1,057

回編集