「エリザベス・ギャスケル」の版間の差分

編集の要約なし
 
== 生涯 ==
エリザベス・スティーブンソンは、1810年、[[ユニテリアン主義|ユニテリアン派]]の元牧師の末娘として、[[ロンドン]]の[[チェルシー_(ロンドン)|チェルシー]]で生まれた。1歳で母を亡くすと、[[マンチェスター]]南の田舎町ナッツフォード(Knutsford)に住む母方の伯母に引き取られた。父の再婚によって生じた継母や異母弟妹との気まずい関係や、ただ一人の兄や父を相次いで亡くす不幸に苦しむことはあったが、概して平穏な幼少、青年期であった。21歳で父と同じ宗派の牧師ウィリアム・ギャスケル(William Gaskell)と結婚してマンチェスターに移り住むと、よき妻よき母として家庭を支えた。「いつもにこやかで穏やかでいらっしゃるから、回りにいる者はみな性格の一番よい面が出てしまう」とは、夫の生徒による夫人の印象である。34歳の時授かった長男を9ヶ月で病死させることがなかったら、作家エリザベス・ギャスケルが誕生することはなかっただろう。悲しみを癒すために書いた『メアリ・バートン』が、出版4ヶ月にして3刷りが出るほどの好評を博したのである。
彼女は一躍文壇に認められ、以降、英文学史に名を残す作家たちと交わることになる。「あなたの創作力は、少なくとも千一夜は続くに違いない」と書いて、彼女を[[シェヘラザード]]にたとえた[http://wwwsoc.nii.ac.jp/dickens/チャールズ・ディケンズ]。互いの人格と文学を尊敬しあい、自宅を訪ねあった[[シャーロット・ブロンテ]]。そして、「私の人生観や芸術観は、『メアリ・バートン』の作者のそれと似た部分がある」と告白した[[ジョージ・エリオット]]、等々。
聡明で善良な性格であったギャスケルは、ディケンズのような個性の強烈さには欠けたが、善意をもって社会問題を捉え、ペーソスとユーモアに満ちた文体によって、特に中流階級の読者を教化することができた。[[ジョルジュ・サンド]]は「ギャスケル夫人の作品を読めば、それだけいい人間になることができる」と言っている。
 
[[Category:イギリスの小説家|きやすける えりさへす]]
[[Category:ロンドン出身の人物|きやすける えりさへす]]
[[Category:チェシャー出身の人物|きやすける えりさへす]]
[[Category:1810年生|きやすける えりさへす]]
[[Category:1865年没|きやすける えりさへす]]
匿名利用者