「かんかんのう」の版間の差分

編集の要約なし
m (出典の巻の訂正)
編集の要約なし
「'''かんかんのう'''」は、[[日本]]の[[俗謡]]。[[江戸時代]]から[[明治時代]]にかけて民衆によって広く唱われていた。別名「看々踊(かんかんおどり)」。
 
元歌は[[清楽]]の「[[九連環]]」だが、歌詞もメロディー([http://www.geocities.jp/cato1963/midi/kankannou-uenomura.mid 試聴])も元歌とはかなり変わっている。[[古典落語]]「[[らくだ (落語)|らくだ]]」に重要なモチーフとして登場する。
 
== 歴史 ==
匿名利用者