「江崎洋一郎」の版間の差分

編集の要約なし
|所属政党 = ([[新進党]]→)<br />([[民主党 (日本 1998-)|民主党]]→)<br />([[保守新党]]→)<br />[[自由民主党]]
|称号・勲章 =
|親族(政治家) = 父・[[江崎真澄]]<br />兄・[[江崎鉄磨]]
|配偶者 =
|サイン =
|職名2 = [[衆議院議員]]
|内閣2 =
|選挙区2 = ([[神奈川県第12区]]→)<br />[[比例南関東ブロック]]
|当選回数2 = 3回
|就任日2 = [[2000年]][[6月25日]]
父は通産相などを務めた[[江崎真澄]]元衆議院議員で、異母兄の[[江崎鉄磨]]も自民党元衆議院議員である。
 
[[1981年]]に[[慶應義塾大学]][[法学部]]政治学科卒業し、[[日本興業銀行]](現[[みずほ銀行]])に入行。[[1986年]]から米国ブルッキングス研究所客員研究員を経て、[[1996年]]に[[落下傘]]ながら元[[日本の大蔵大臣・財務大臣一覧|蔵相]][[藤井裕久]]から中選挙区時代の地盤の一部を譲り受け[[新進党]]公認で[[第41回衆議院議員選挙|衆院選]]に出馬するも、落選。[[2000年]]、[[民主党 (日本 1998-)|民主党]]公認で[[神奈川県第12区]]から出馬し54,237票を獲得、前職[[桜井郁三]]([[自由民主党 (日本)|自民党]])の50,814票を抑え、初当選を果たす。
 
しかし、{{要出典範囲|date=2013年9月|[[2002年]][[12月25日]]に[[熊谷弘]]、[[佐藤敬夫]]らと共に民主党を離党し、[[保守新党]]に参加。その際、[[小泉純一郎]]首相から「江崎君、ぼくは君のお父さんには世話になった。[[藤山愛一郎|藤山]]派で君のお父さんと僕の親父は一緒だった。選挙区もぼくの2つ隣り。君の評判はよく聞いているよ」と携帯電話で民主党離党を説得されたといわれる。}}
 
[[2003年]]、選挙区事情から[[第43回衆議院議員総選挙|総選挙前]]に自民党に移籍。小選挙区を桜井郁三に譲り、比例代表南関東ブロック単独2位で当選。保守新党の元所属議員らが立ち上げた[[二階派]]ではなく、[[山崎派]]に入会する。[[2005年]]の[[第44回衆議院議員総選挙|総選挙]]でも同じく衆議院比例代表南関東ブロック単独2位で当選する。
 
[[2006年]][[6月]]、[[佐藤ゆかり]]衆議院議員と神楽坂のフレンチレストランで会食していた模様を[[週刊新潮]]にスクープされ、不倫デートと報じられた。江崎のボディータッチについて、佐藤は「散発的な不規則行為」「不倫ではなくセクハラ」とTVやHPで反論。その後、江崎は離婚。<ref>[http://web.archive.org/web/20060620120201/http://www.zakzak.co.jp/top/2006_06/t2006061419.html 『佐藤ゆかり、また不倫…今度は自民議員とデート フレンチレストランで手を握り合い…』 ZAKZAK 2006年6月14日]</ref><!-- [http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20060615-OHT1T00087.htm][http://news.www.infoseek.co.jp/gendainet/story.html?q=18gendainet02026897] --><ref>テレビ朝日「ワイド!スクランブル」 2006年6月19日<!-- [http://www.tvblog.jp/kanto/archives/2006/06/post_061911250003.html] --></ref><ref>[http://web.archive.org/web/20060626055700/http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20060617-OHT1T00046.htm 『ゆかり議員「不倫」反論「同僚議員の不規則行動は想定外」』 スポーツ報知 2006年6月17日]</ref><ref name="nikkansports20060617">[http://web.archive.org/web/20060702013733/http://www.nikkansports.com/general/p-gn-tp0-20060617-47193.html 『ゆかり議員「不倫デート」報道に抗議』 日刊スポーツ 2006年6月17日]</ref><ref>『&lt;佐藤ゆかりとデート&gt;の江崎代議士が「極秘離婚」していた!』 週刊新潮 2007年11月8日号 46頁</ref><ref name="y-sato20060718">[http://web.archive.org/web/20060718234853/http://www.y-sato.org/ 『『週刊新潮』6月22日号についての声明文を載せさせていただきます。』 佐藤ゆかりHP 2006年6月16日]</ref>
 
[[2006年]][[9月]]、[[第1次安倍内閣|安倍内閣]]で[[財務省 (日本)|財務]][[大臣政務官]]に就任。また[[日韓議員連盟]]幹事を務める。
 
[[2009年]]の[[第45回衆議院議員総選挙|総選挙]]では順位を大きく下げ比例代表南関東ブロック単独32位で立候補したが、落選した。
 
== 所属していた議員連盟 ==
匿名利用者