「熱血!!タイガース党」の版間の差分

** タイトルを「Weeklyタイガース」に戻した2010年度には、福本メインのコーナーを廃止した以外は、2009年度とほぼ同じ趣向で放送していた。
** タイトルに再び「デイリー発」を入れた2011年度は、木内以外のサンテレビアナウンサー(湯浅など)や、デイリースポーツの阪神担当記者が当コーナーにのみ週替わりで「ウィークリー解説者」として出演。進行役の永尾が紹介する1週間の取材映像を基に、トピックスの解説を担当している。<ref>原則として第1週・湯浅明彦、第2週・[[榎木麻衣]]、第3週・[[小浜英博]]、第4週・デイリースポーツ新聞の虎番記者。2011年12月は5週あったため、第5週に谷口英明が参加した。2012年1月には、湯浅が[[全国高等学校サッカー選手権大会]]中継に参加していたため、1週目と3週目の担当者を入れ替えている。2月は第3週にキャンプ特集(全編事前収録)のためレギュラーコーナーがなかったため第4週に小浜が出演。3月も本来第4週はデイリーの記者が出演するところだったが、シーズン前であるため第3週に続いて小浜が連続出演した。ちなみに、湯浅や榎木が登場する場合には、オープニングトークにストリークを意識したコメントを入れている。</ref>
**2012年度からは、濱中と木内が進行。木内の撮影による取材報告企画として、「木内の必殺抜きうちショット!」が新設されたを加えている
*今週の特集(2011年度のみ「今週のピックアップ」)
** 阪神の選手・首脳陣・OBへのインタビューや、春季キャンプの取材報告などで構成。2012年度には、特集の内容に応じて、以下のようにタイトルを変えていた。
匿名利用者