メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
 
== 評価 ==
アウラングゼーブは[[アクバル]]帝以来ムガル帝国で進められてきたイスラム教徒と非イスラム教徒の融和政策と、その結果として一定程度実現された信仰の自由と宗教間の平等を破壊し、[[シャア]]の厳格な適用によってイスラームの優位に基づく秩序を復活させた。
 
故にイスラーム復古主義者の間ではアウラングゼーブを「護教者」とする見解が主流だが、現代的な多元主義者は、アウラングゼーブはイスラームの中から[[ムスリム]]と[[ジンミー]]という二元的関係に基づく「不平等の共存」を越えた真の多元主義が生まれる芽を摘んだという意見をもつだろう。
3

回編集