メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
 
哲学者[[マルティン・ハイデッガー]]も、テクノロジーに対して真剣な懸念を持っていた。ハイデッガーは "The Question Concerning Technology" の中で「したがって、我々が単にテクノロジーを生み出し発展させる限り、テクノロジーの本質との関係を我々が経験することはなく、我慢することも回避することもない。我々はあらゆる場所でテクノロジーに[[拘束|つながれ]]、自由を奪われている。それは、我々がテクノロジーを熱望するか拒否するかとは無関係である」と書いている<ref name="Heidegger 1977">{{cite book | last = Lovitt | first = William | chapter = The Question Concerning Technology | year= 1977 | accessdate=2007-11-21 | title = The Question Concerning Technology and Other Essays | publisher = Harper Torchbooks | pages = 3–35}}</ref>。
 
ハイデガーの技術論としばしば比較されるのが、フランスのプロテスタント思想家、[[ジャック・エリュール]]の技術社会論である。技術の「自律性」を主題とするエリュールの技術社会論は、[[技術決定論]]の典型としばしば見なされ、現代社会を抜け道のない「鉄の檻」として誤って描き出したとして批判されてきた。
 
テクノロジーへの最も痛烈な批判としては、今ではディストピア文学の古典とされている[[オルダス・ハクスリー]]の『[[すばらしい新世界]]』、[[アンソニー・バージェス]]の『[[時計じかけのオレンジ]]』、[[ジョージ・オーウェル]]の『[[1984年 (小説)|1984年]]』などがある。また、[[ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ|ゲーテ]]の『[[ファウスト]]』ではファウスト博士が悪魔に魂を売って物理世界を超越した力を得るが、これはテクノロジーによる工業化の進展の比喩と解釈されることがある。
 
1980~90年代の反テクノロジー的論文のひとつとして、[[セオドア・カジンスキー]]([[ユナボマー]])の ''[http://en.wikisource.org/wiki/Industrial_Society_and_Its_Future Industrial Society and Its Future]'' を挙げることも可能であろう。彼の起こした爆破事件をやめさせるため、この論文が複数の主要な新聞に掲載され、後には本にも収録された。カジンスキーは、エリュールの技術社会批判から少なからぬ影響を受けたと言われている
 
[[核兵器]]の開発・保有・使用がもたらす危険性は世界中で危惧されている。現在、[[核兵器]]全般に、[[包括的核実験禁止条約]]、[[核不拡散条約]]などで規制されている。[[核廃絶]]を求める人々は多い。
14

回編集