「桧山進次郎」の版間の差分

{{by|2012年}}も開幕から代打での起用が続いていたが、5月27日の対[[埼玉西武ライオンズ]]戦では5番右翼で先発出場。スタメンは2009年6月13日の対[[千葉ロッテマリーンズ]]戦以来3年振りだが、守備についてのスタメンとなると2008年8月7日の対広島戦以来4年振りであった。しかし代打では、8月23日の中日戦で安打を放ったことを最後に、翌年5月8日の対巨人戦(東京ドーム)まで22打席ノーヒットが続いた<ref>[http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/05/09/kiji/K20130509005767430.html 12回V打 神様桧山様!巨人に3連勝で2・5差] [[スポーツニッポン]]、2013年5月8日。</ref>。
 
{{by|2013年}}も開幕から一軍に帯同すると、前述の巨人戦で自身23打席振りの安打を放つとともに、代打通算99打点を記録。阪神の選手では歴代1位、セ・リーグでは歴代3位の代打通算打点記録を樹立した<ref>[http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130508-00000135-spnannex-base 桧山”代打の神様”超え99打点!] [[スポーツニッポン]]、2013年5月8日。</ref>。5月12日の対ヤクルト戦でも適時打を放ち、[[宮川孝雄]]・[[浅井樹]]に次ぐ代打通算150安打、宮川・[[川又米利]]に次ぐ代打通算100打点(ともに史上3人目)を記録。8月7日の対広島戦([[マツダスタジアム]])では、セ・リーグ歴代単独2位となる代打通算155安打を放った<ref>[http://www.sanspo.com/baseball/news/20130808/tig13080805020013-n1.html 代打155安打!虎・桧山、セ歴代単独2位浮上] [[サンケイスポーツ]]、2013年8月8日。</ref>。しかし、9月7日の対巨人戦(甲子園)の試合前に、2013年シーズン限りで現役を引退することを表明した<ref>[http://www.daily.co.jp/newsflash/baseball/2013/09/07/0006317284.shtml 阪神・桧山が現役引退表明] [[デイリースポーツ]]、2013年9月7日。</ref>。10月5日には、シーズンでの主催試合最終戦になった対巨人戦で、球団主催の引退セレモニーを開催<ref>[http://hanshintigers.jp/news/topics/info_2988.html 『桧山進次郎選手引退セレモニー』のご案内](阪神タイガース公式サイト2013年9月24日付「球団ニュース」)</ref>。2002年シーズンの定位置だった「5番・右翼手」で約1年4ヶ月振りに先発した桧山は、3打数0安打で8回表の守備から交代した(最終打席の結果は一塁ゴロ)。試合後のセレモニーでは、終始笑顔を見せながら「今日ここまで皆さんと共に2回のリーグ優勝を僕は手に入れました。しかしながら、日本一という称号はまだ手に入れてません。この忘れ物をいつか必ず取りに来ます。その時はまた、ファンの皆さん、タイガース球団の皆さん、一緒に戦いましょう。本当に僕は幸せ者でした。22年間、ありがとうございました」と挨拶した<ref>[http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20131005-1200288.html 【阪神】桧山「幸せ者」引退あいさつ全文] [[日刊スポーツ]]、2013年10月6日</ref>。なお、チームが2位でシーズンを終えたことから、甲子園球場での広島との[[2013年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ]]ファーストステージにも出場。[[10月13日|同月13日]]の第2戦(甲子園)、9回2死1塁の場面で代打として打席立ち起用されると同球場のライトスタンドへ2点本塁打を放つが、った。チームは7対4対7敗れCSファーストステージでの敗退が決定したが結果として桧山はれが現役最後席とな本塁打で現役生活を締めくくった<ref>[http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/10/13/kiji/K20131013006803060.html 桧山意地の2ランも…和田監督「勢いの違い出た 私の責任」]スポーツニッポン2013年10月13日配信</ref>。
 
== 詳細情報 ==
匿名利用者