メインメニューを開く

差分

一般ユーザー向けのキャッチフレーズ的なニュアンスで、「'''ツインカム'''(TWIN CAM)」と呼ばれることもある。四輪ではトヨタ<ref>[[トヨタ・T型エンジン|2T-G]]系などが主力の時代はDOHCと称している。</ref>と日産<ref>[[日産・FJエンジン|FJ20]]系しかDOHCエンジンがなかった時代にはDOHCと称している。</ref>、スズキ、ダイハツが、二輪ではカワサキがこの呼称を採用している。
 
ただし厳密にはツインカム=DOHCではない。これは[[V型エンジン]]や[[水平対向エンジン]]など、シリンダーヘッドを2つ以上持つエンジンの場合、SOHCでカムシャフトが2本以上になるためである<ref>逆に、各Vバンク上に1本ずつのカムシャフトを持つが、それぞれが吸気または排気専用のカム列を持ち、SOHCを名乗りながらもシリンダー側から見るとDOHCに類似したカムシャフト配置となる[[狭角V型エンジン]]のようなケースもある。</ref>。もっとも、これをツインカムと称する例はまずない。そうした誤解もあるためトヨタはシリンダーヘッドが2つになるV型のDOHCエンジンに関しては「FOUR CAM」と称していた。
 
例外的に[[ハーレーダビッドソン]]は自社のカムシャフトが2本の[[V型2気筒]]OHVエンジンをTWINCAMと称している。これは自社の従来のエンジンのカムシャフトが1本だったことから、それらと区別するためである。
2,826

回編集