「李大ショウ」の版間の差分

編集の要約なし
 
==人物==
[[1913年]]([[民国紀元|民国]]2年)、天津北洋法政専門学校卒業後、[[早稲田大学]]政治学科に入学、[[社会主義]]思想に触れた。[[1914年]](民国3年)には神州学会を組織し、反[[袁世凱]]活動を開始した。翌年、[[対華21ヶ条要求]]が出されると留日学生名義で『全国の父老に警告す』を発表し、中国人に対し「破釜沈舟の決心」で日本に抵抗するよう啓蒙活動を行っている。[[1916年]](民国5年)5月に帰国し、北京で『晨鐘報』を創刊し編集長に就任している。その後『甲寅日刊』の編集に就任、後の[[新文化運動]]へと発展させた。[[1917年]](民国6年)から[[蔡元培]]により[[北京大学]]の経済の教授と図書館に任命された。
 
[[1920年]](民国9年)、中国での共産党結党を目的に[[コミンテルン]]極東支局から訪中した[[グリゴリー・ヴォイチンスキー|ヴォイチンスキー]]に便宜を図り、上海における共産指導者[[陳独秀]]との会見を実現、同年8月に、ヴォイチンスキー、陳独秀、[[李漢俊]]、[[沈玄龍]]、[[兪秀松]]、[[施存統]]などと協力し中国共産党結党準備が進められマルクス思想学説研究会を組織、10月には[[鄧中夏]]、[[高君宇]]、[[何孟雄]]らと北京共産主義小組を結成している。中国共産党結党後は第2期から第4期まで中央委員に就任した。[[1922年]](民国11年)、李大釗は[[コミンテルン]]からの支持に従い[[上海市|上海]]に赴き[[孫文]]と会見している。
匿名利用者