「藤浪晋太郎」の版間の差分

: 監督推薦で[[2013年のオールスターゲーム (日本プロ野球)|オールスター]]に選出され<ref>{{Cite news |url=http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20130701-1150722.html |title=藤浪「光栄です。勉強したい」/球宴 |newspaper=nikkansports.com |publisher=日刊スポーツ新聞社 |date=2013年7月1日}}</ref>、第2戦でオールスター初登板。[[大阪桐蔭中学校・高等学校|大阪桐蔭高校]]の先輩である[[中田翔]]の打席では、同じく高校の先輩でありチームメイトの[[西岡剛 (内野手)|西岡剛]]と、捕手の[[谷繁元信]]の指示で山なりの[[スローボール]]を2球連続で投じる場面もあったが、2回を2安打無失点に抑えた<ref>{{Cite news |url=http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20130721-1160785.html |title=藤浪危険球?中田先輩と乱闘コント/球宴 |newspaper=nikkansports.com |publisher=日刊スポーツ新聞社 |date=2013年7月21日}}</ref><ref>{{Cite news |url=http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20130723-1161760.html |title=藤浪「ずっとオールスター出たい」/球宴 |newspaper=nikkansports.com |publisher=日刊スポーツ新聞社 |date=2013年7月23日}}</ref>。8月11日の[[中日ドラゴンズ|中日]]戦([[ナゴヤドーム]])では自身初の9回2安打無失点で勝利を収め、セ・リーグでは1967年の江夏豊以来の快挙となる<ref>{{cite news|url=http://www.sanspo.com/baseball/news/20130812/tig13081205050012-n1.html|title=セ全球団星や!虎・藤浪あっぱれ132球“歓”封|newspaper=[[サンケイスポーツ]]|publisher=|date=2013-8-12|accessdate=2013-8-12}}</ref>高卒新人での[[セントラル・リーグ|セリーグ]]5球団からの勝利を挙げる<ref>{{Cite news |url=http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20130812-1171994.html |title=藤浪、高卒新人で松坂以来のセ5球団勝利 |newspaper=nikkansports.com |publisher=日刊スポーツ新聞社 |date=2013年8月12日}}</ref>。更に8月31日の対広島戦(甲子園)で6回1失点で勝利投手となり、シーズン10勝を挙げた<ref name = "sanspo20130831">{{Cite news |title=阪神・藤浪、江夏以来の高卒新人10勝目! |newspaper=サンケイスポーツ |date=2013-08-31 |author= |url=http://www.sanspo.com/baseball/news/20130831/tig13083122420010-n1.html |accessdate=2013-08-31}}</ref>。セ・リーグで高卒新人がシーズン10勝を挙げたのは、1967年の江夏豊以来47年ぶり5人目の快挙であった<ref name = "sanspo20130831" />。
: 更に、8月には4勝・防御率1.09を挙げ[[月間MVP (日本プロ野球)|月間MVP]]に選ばれた<ref name = "npb-month-mvp">{{Cite web |url=http://www.npb.or.jp/award/2013month.html |title=2013年度 日本生命月間MVP賞 |publisher=日本野球機構 |accessdate=2013-09-06}}</ref><ref name = "suponichi20130906">{{Cite news |title=藤浪“夏男”実証 史上2人目の快挙に「すごく光栄」 |newspaper=スポーツニッポン |date=2013-09-06 |url=http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/09/06/kiji/K20130906006564410.html |accessdate=2013-09-06}}</ref><ref name ="daily20130906">{{Cite news |title=またまた快挙!藤浪が月間MVPを獲得 |newspaper=デイリースポーツ |date=2013-09-06 |url=http://www.daily.co.jp/newsflash/tigers/2013/09/06/0006314959.shtml |accessdate=2013-09-06}}</ref>。高卒新人が月間MVPを受賞するのは、セ・リーグでは、{{by|1987年}}8月の[[近藤真一]](中日)以来、史上2人目の快挙であった<ref name = "suponichi20130906" /><ref name ="daily20130906" />。更に、この藤浪の月間MVPの受賞で、阪神タイガースの投手が5月から月間MVPを4カ月連続<ref group = "注釈">5月・6月:[[能見篤史]]、7月:[[ランディ・メッセンジャー]]、8月:藤浪。</ref>で受賞した<ref name = "npb-month-mvp" /><ref name ="daily20130906" />。同一球団の投手が月間MVPを4カ月連続で受賞するのは、同期間に4カ月連続で月間MVPを受賞した田中将大(楽天・[[パシフィック・リーグ|パリーグ]]投手)と共に史上初であった<ref name ="daily20130906" />。
: 公式戦では、9月以降勝ち星を上乗せできず、投球イニングも規定投球回数(144イニング)に達しなかったが10勝をマーク。チームのシーズン2位によって進出した[[クライマックス・シリーズ]]では、シーズン中の広島戦での対戦成績が良かったことから、[[10月11日]]に甲子園で開かれた広島とのファーストステージ第1戦の先発投手に抜擢された。クライマックス・シリーズで先発に起用された高卒新人投手は、[[パシフィック・リーグ]]を含めても、この試合の藤浪が初めてである。ただし試合では、5回4失点で敗戦投手になった。
 
== 選手としての特徴 ==
匿名利用者