「モーリス・ホワイト」の版間の差分

編集の要約なし
日本では[[DREAMS COME TRUE]]がEWFに影響を受けていることで知られる。特に[[中村正人]]は「僕の音楽の父(いや、神様)」と公言するほどモーリスを崇拝しており<ref>[http://blog.dctgarden.com/2007/03/23/post_224.html ドリカム・サウンドにブラス・セクションは欠かせない。] - ドリブログ・2007年5月23日</ref>、[[1994年]]には中村のたっての希望により『[[WHEREVER YOU ARE]]』のレコーディングにモーリスがバックボーカルで参加している。
 
[[1992年]]発売の[[小比類巻かほる]]のアルバム『FRONTIER』で、「タンジェリン・ムーンナイト」「Frontier」をモーリス・ホワイトがプロデュースをしている。
 
1992年発売の[[小比類巻かほる]]のアルバム『FRONTIER』で、「タンジェリン・ムーンナイト」「Frontier」をモーリス・ホワイトがプロデュースをしている。
== 注釈 ==
<references/>
匿名利用者