「MBSベースボールパーク」の版間の差分

*阪神がシーズン4位でクライマックス・セへの出場を逸した2011年には、ファーストステージの3試合([[10月29日]]〜[[10月31日|31日]]、神宮球場のヤクルト-巨人戦)は3試合ともニッポン放送から<ref>ニッポン放送は、競合局のABCラジオに向けた裏送り中継の制作も別途行った。</ref>、ファイナルステージ([[11月2日]]〜[[11月6日|6日]]、ナゴヤドームの中日-ヤクルト戦)は、第1戦と第2戦を東海ラジオから、第3戦以降をCBCから<ref>ファイナルステージの第1・2・3・6戦はレギュラーシーズンの曜日割り当てに合わせたネット受けである。土日開催の第4・5戦は本来ならLF-MBSラインの曜日であるが、2010年以降はナイターに限り、阪神ビジター試合ではCBCがMBSに対して技術協力を行い、逆に阪神主催試合は既述の通りCBCがMBSとの相互ネットで中継している。</ref>、それぞれネット受けして放送した。
*阪神がシーズン5位と、早い段階でクライマックス・セへの出場を逸した2012年も、例年通り中継は実施。ファーストステージの3試合のうち2試合(ナゴヤドームの中日-ヤクルト戦のうち、10月13日の第1戦と、15日の第3戦)を東海ラジオからのネット受け形式で放送<ref>10月14日のファーストステージ第2戦は日曜開催のデーゲームとなったため、MBSでは競馬中継優先となり、放送されなかった。</ref>。ファイナルステージの6試合(10月17日〜22日、東京ドームの巨人-中日戦)については全試合中継となるが、在阪ラジオ局の聴取率調査週間を跨ぐことから、このうち第5戦まではMBSの自主制作形式で放送。(出演時点で)阪神の現役選手である[[桧山進次郎]]を第1戦の(メイン)解説者に起用したほか、第2戦以降の中継では、この年に現役を引退したばかりの[[金本知憲]]や[[今岡誠]]がゲスト解説者として出演した。ただし、聴取率調査週間終了後となる第6戦のみは自主制作せず、ニッポン放送からのネット受け形式で放送した。
*阪神がシーズン2位でファーストステージへ進出した2013年には、地元・甲子園で実施されのデーゲームであるファーストステージ(対広島戦、10月12日〜14日<ref>本来日曜日は競馬を優先するが、10月13日は阪神戦の中継を優先して2010年10月17日と同様の対応を取る。</ref>)を、2008・2010年の第1ステージ同様に東海ラジオ放送<ref>中日はシーズン4位でクライマックス・セへの出場を逸したが、東海ラジオは例年通りクライマックス・セの中継を実施する。</ref>にもとの相互ネットして形式で中継するした阪神はファーストステージでの連敗でファイナルステージの4試合に進めなかったが、ファイナルステージである巨人対広島戦(10月16日〜21日、東京ドーム)については、当初の予定どおりに4試合中継予定する
**10月13日は日曜日だったが、レギュラーで放送している競馬中継『[[GOGO競馬サンデー!]]』の放送枠を、ファーストステージ・対広島2回戦(甲子園)の中継に充当。競馬については、野球中継の合間に当日のメインレース・[[秋華賞]]の実況生中継を実施したほか、野球中継終了後の18:59 - 19:00に特別番組として『GOGO競馬サンデー!番外編』を放送した(いずれも関西ローカル)。なおMBSでは、ファーストステージの決着が第3戦にまで持ち込まれる可能性を踏まえて、翌14日([[体育の日]])に第3戦のデーゲーム中継を予定していた。
 
ちなみにABCラジオでは、阪神がクライマックス・セに進出できなかったり、ファーストステージで敗退したりした年(2009年など)には、ナイターオフ編成や聴取率調査週間に対応したキャンペーン(ジューシーデイズ)を優先。MBSより早く阪神の公式戦中継を終了していたことがあった。ただし、『[[歌謡大全集]]』が終了した2011年以降、クライマックス・セは阪神の進出有無に関係なく中継するようになっている。
 
なおその一方で、クライマックス・パについては中継事例、オリックスMBSの地元・大阪の球団であるにもかかわらず一度も中継したことがない。2008年にはオリックスがシーズン2位で第1ステージに進出(第2戦で敗退)した2008年にもかかわらず、関西ローカルでは一切中継せず、京セラドーム大阪への乗り込み自主制作を行った在道・在京ラジオ局への技術協力のみにとどまった(ABCラジオも同様の方針だった)。特にMBSの場合、日曜日に前述の競馬中継を優先した編成を採る関係日曜日のプロ野球デーゲームの放送中継自体できな難しのも要因もネックになっている。
 
=====日本シリーズ=====
匿名利用者