「ABCフレッシュアップベースボール」の版間の差分

*阪神がシーズン4位でクライマックス・セへの出場を逸した2011年には、前述のように日本シリーズ終了までナイター中継をレギュラー編成としていたため、ファーストステージの3試合([[10月29日]]〜[[10月31日|31日]]、神宮球場のヤクルト-巨人戦)をニッポン放送からの裏送り<ref>ニッポン放送の自社での放送分はMBSへネットされた。</ref>、ファイナルステージの5試合([[11月2日]]〜[[11月6日|6日]]、ナゴヤドームの中日-ヤクルト戦)を第1・2戦はCBCから、第3戦以降はSFからのネット受け<ref>全試合CBC技術協力となった2010年とは異なり、火 - 木曜のナイターはJRN、金 - 月曜のナイターはNRNラインという、レギュラーシーズンに準じた曜日割り当てでの放送となった。この体制が取られたのはファーストステージがNRN独占カードのヤクルト主催試合となり、かつそれをABC・MBSの両局が中継を行うため、両局での中継を可能にするために取られた措置がファイナルステージにもそのまま継承されたためと考えられる。したがって、今後もヤクルト主催試合のNRN独占が維持される限り、クライマックスシリーズでヤクルト主催試合が発生し、かつABC・MBS両局が中継を行う場合は同様の措置が取られるものと思われる。</ref>で全試合完全中継した。
*阪神がシーズン5位に終わり、早い段階でクライマックス・セへの出場を逸した2012年も完全中継は実施。ファーストステージの3試合(10月13日〜15日、ナゴヤドームの中日-ヤクルト戦)はCBCからのネット受けで放送<ref>うち、第2戦は日曜デーゲームのため、MBSは競馬中継を優先し中継を見送るため、ABCが関西ラジオ局独占中継となる。</ref>。ファイナルステージの6試合(10月17日〜22日、東京ドームの巨人-中日戦)については、在阪ラジオ局の聴取率調査週間と重なったこともあって、第3戦までは自社制作で中継したが、第4戦以降はTBSラジオからのネット受けで放送した(第4戦以降は文化放送が素材録音を行ったため、放送ブースの確保ができなかったためと思われる。MBSは聴取率調査週間の終了する第5戦まで自社制作)。なおネット受けとなった試合のうち、ファーストステージの第3戦と、ファイナルステージの第4・5戦についてはABCのスタジオに自社の解説者・アナウンサーを配置し、イニング間にスタジオトーク(試合解説)を交えて放送した。
*阪神がシーズン2位でファーストステージへ進出した2013年には、地元の甲子園でのファーストステージ(対広島戦、10月12日〜1413日)を、CBCラジオにもとの相互ネットして形式で生中継<ref>中日はシーズン4位でクライマックスシリーズの出場を逸したが、中日の結果に関係なく中継を実施。現地局からのネット受け自体もクライマックスシリーズでは初めての事例となった(2010年の阪神対巨人については、CBCは名古屋向けに自社制作している)。また、広島の地元局であるのRCCラジオでは、甲子園に乗り込んだうえでABCの技術協力による広島ローカル向けの自社制作中継を実施した。</ref>。阪神はファーストステージでの連敗でファイナルステージに進めなかったが、東京ドームでのファイナルステージ・巨人対広島戦(10月16日〜21日)については、4試合をTBSラジオからのネット受け<ref>ただし、阪神がファイナルステージに進出を決定しできた場合には、自社制作・TBSラジオの技術協力による自社製作での放送が中継を予定されていたが、ファイナル進出がならなかったため自社製作は行わない予定</ref>で完全中継を実施する予定。なお、対戦相手地元のRCCラジオはABCの技術協力による乗り込み自社制作を行う予定である
 
なお、クライマックス・パについては中継事例、オリックスABCの地元・大阪の球団でありながら、一度も中継したことがない。2008年にはオリックスがシーズン2位で第1ステージに進出(第2戦で敗退)した2008年にもかかわらず一切中継せず(該当時間帯、関西ローカルでは通常の定時番組放送を優先した関係で、京セラドーム大阪への乗り込み自主制作を行った在道・在京ラジオ局への技術協力のみにとどまった(MBSラジオも同様の方針だった)。ただしちなみにテレビ在阪の地上波放送局で関西テレビが唯一中継を行っ実施している。
 
====日本シリーズ====
匿名利用者