「エリュトゥラー海案内記」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
『'''エリュトゥラー海案内記'''』 (エリュトゥラーかいあんないき、{{lang-la-short|''Periplus Maris Erythraei''}}、{{lang-en-short|''Periplus of the Erythraean Sea''}})は、古代の[[インド洋]]近辺における[[南海貿易]]について記された航海案内書。10世紀の版が[[ハイデルベルク大学]]図書館に、14・15世紀の写本が[[大英博物館]]に所蔵される。{{Main|en:Periplus of the Erythraean Sea}}
 
 
== 名称 ==
「エリュトゥラー」({{lang|el|ερυθρα}}) とは[[ギリシア語]]で「赤」の意味。すなわち、「エリュトゥラー海」とは「[[紅海]]」という意味である。ただし、古代においては、紅海、[[アラビア海]][[ベンガル湾]][[インド洋]]を含めた海のことを広く指していた。
 
== 概要 ==
29,293

回編集