「ふじみ野市」の版間の差分

m
旧[[入間郡]][[大井町]]地域は、[[川越街道]](国道254号線)に沿って集落が形成されていた「[[鉄道]]の[[駅]]が無い[[町]]」。大正3年[[東上鉄道]](現[[東武東上本線]])[[上福岡駅]]が旧[[上福岡市]]西部に開業したことを契機に、旧[[上福岡市]]西部に隣接する亀久保・鶴ヶ岡地区から都市の芽が出始める。さらに、1993(平成5)年[[富士見市]]北西部の富士見市ふじみ野東1丁目26-1に[[ふじみ野駅]]が開業し、同駅周辺の開発が急速に進み、アイムふじみ野(超高層マンション)などが[[富士見市]]に建設されると、[[富士見市]]北西部に隣接する苗間地区では日本初のアウトレットモール・リズム(2011年閉店)が開店する。その後亀久保地区東南部に大井サティ(現イオン大井店)が開店し、それらの周辺地域の開発が進む。旧[[大井町 (埼玉県)|入間郡大井町]]は一時期[[埼玉県]]内で最も[[人口増加率]]の高い町として、また全国で最も[[人口密度]]の高い町として注目された。
 
「ふじみ野(駅)」は1993(平成5)年の駅開業時、[[富士見]][[市民]]への公募の中から[[富士見市]]の「[[市]][[名前|名]]」に因んだ[[名前|名称]]として決められたので、駅の[[所在地]]である[[富士見市]]や[[富士見]][[市民]]はその名称を利用されることに困惑したが、2005(平成17)年旧[[上福岡市]]と旧[[入間郡]][[大井町]]が合併し[[ふじみ野市]]としてしまったものである。
''両市町の詳細な歴史は、[[上福岡市]]、[[大井町 (埼玉県)|入間郡大井町]]に関する記事を参照のこと。''
 
2,800

回編集