「日暮真三」の版間の差分

編集の要約なし
'''日暮 真三'''(ひぐらし しんぞう、[[1944年]][[3月1日]] - )日本の[[コピーライター]]、[[作詞家]]。[[千葉県]][[松戸市]]出身。[[明治大学]]フランス文学科」中退。娘はロック歌手の[[日暮愛葉]]、実兄はビッグコミックの表紙イラストレーターの[[日暮修一]]。
 
== 略歴・人物 ==
千葉県松戸市で酒屋の息子として生まれる<ref>1989年 安部敏行「クリエイティブは時代の空を飛ぶ」[[誠文堂新光社]]</ref>。大学1年目でイラストレーターをしていた兄のツテを伝い、プロダクションに入ると共に、同時に久保田宣伝研究所(現在の[[宣伝会議]]コピーライター養成講座)を受講する。その過程で大学を中退し、[[電通]]に嘱託社員として入社。1年後、電通を経て、銀座に広告制作企画室「ドーニカ」を設立。原宿のセントラルアパート461号室にあったプロダクション、デルタモンドでメンズウエアーJAZZの広告シリーズをAD宮原鉄生、写真鋤田正義、コピー日暮真三で制作、注目を集める[[1969年]]に[日本一といわれるプロダクション「ライトパブリシテイ」に入社。[タカキュー|taka-Q]]の「'''袖の長さが気になりだしたら、資格あり'''」のコピーで[[東京コピーライターズクラブ|TCC]]新人賞を受賞する。翌年、クラレの広告で東京コピーライターズクラブクラブ賞を受賞すると、TOTOの新聞広告で2年連続クラブ賞を受賞。日経広告賞、毎日デザイン賞などを受賞。1974年独立。銀座に「日暮真三事務所」を設立する。[アートディレクター]で友人の[長友啓典]と共に、[小学館]の雑誌「GORO」で[篠山紀信]の激写シリーズの広告を担当するなどし、評判を呼ぶ。西武百貨店のメインコピーライターとしてテーマキャンペーンを数多く手がけ、[無印良品]などのネーミングで評価を高める。その他にも多数の製品の広告コピーなどを担当したが、[1980年]後半以降、広告代理店の仕事に疑問を持ち、徐々に広告企画の仕事から撤退。東京コピーライターズクラブも辞し、コピーの仕事とあわせて作詞活動を始める。
 
その後、[[1972年]]に大手広告制作プロダクション、[[ライトパブリシティ]]に移籍。ここでも[[TOTO (企業)|TOTO]]や[[ヤマハ]]などの広告コピーを書くと共に、[[1980年]]には独立してフリーとなり、銀座に「日暮真三事務所」を設立する。その間に[[アートディレクター]]で友人の[[長友啓典]]と共に、[[小学館]]の雑誌「GORO」で[[篠山紀信]]の激写シリーズの広告を担当するなどし、評判を呼ぶ。また[[無印良品]]などのネーミングを手がける。その他にも多数の製品の広告コピーなどを担当したが、[[1980年]]後半以降、徐々に広告企画の仕事から撤退。東京コピーライターズクラブも辞し、コピーの仕事とあわせて作詞活動を始める。
 
==有名なキャッチコピー==
*百恵 も 燃え (同上)
*自然はおいしい(農協牛乳)
*時代が僕を生んだ。キリンライトビール[[麒麟麦酒]])
*わ、いいんだ。と小堺クン。(同上・ワインクラブ)
*植物のチカラ([[日清オイリオ]])
*情報が人間を熱くする。([[リクルート]])
*僕たちは世界一おもしろい街に住んでいる。([[ぴあ]])
・劇団四季「ライオンキング」「アイーダ」「ウィキッド」
など
 
*「拝啓、サクラさく」共著 用美社
*「ないてないであらってわらって」共著 [[学習研究社]]
・「ふたりの12のものがたり」絵・宮沢りえ 文・日暮真三(木楽舎)
== 脚注 ==
{{reflist}}
6

回編集